「何をしても楽しくない時期」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「何をしても楽しくない時期」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

なんだか最近、何をしても楽しいと感じられないなあと思っていませんか。

友達とのおしゃべりも、仕事も遊びも趣味も恋愛さえも。

それはもしかすると、体や心が病んでいるのが原因なこともあります。

しかしスピリチュアル的には何をしても楽しくない時期が来たら、あなたを変えることになるかもしれませんよ。

「何をしても楽しくない時期」のスピリチュアルでの象徴や意味

ちっとも楽しいと思えない時期が続くのは、それらがあなたの心を満たす存在ではないことの現れです。

もうその遊びや趣味からは卒業すべきという意味の場合もあるし、嫌悪感を感じるのは離れたほうが良いことも意味しています。

また楽しくないのは誰かの悪意が影響していることもあり、何らかの理由で心が限界を迎えていることの現れだったりもするので要注意です。

しかし逆に精神的に向上する前触れで楽しくない時期を迎えることもあるので、決してネガティブばかりには捉えられません。

「何をしても楽しくない時期」のスピリチュアルメッセージ

どんなことを始めても楽しいと感じない場合には、「今の生活から変化したほうがいいよ」というメッセージだと考えられます。

また「あなたの精神のステージが上がるよ」と伝えられている場合もあるはずです。

「何をしても楽しくない時期」のスピリチュアル的な解釈

その楽しくない時期に、周囲で何が起きているかで解釈が違ってくることになります。

楽しくなくても実はポジティブだったり、とんでもない悪意が隠れている場合もあるので注意深く探ってみてください。

「何をしても楽しくない時期」いい意味での解釈

ぜんぜん楽しみは得られない時期だけれど何かポジティブなことが起きたなら、ステージが上がり出していると解釈ができます。

楽しさを重視しなくても、今やるべきことをやっていればいずれ楽しいと思える時期ことに出会えるはずです。

「何をしても楽しくない時期」悪い意味での解釈

もし大勢が集まる場所で楽しくないと感じるなら、あなたの近くにエナジーバンパイアがいるかもしれません。

彼らはターゲットにした人に取り憑いて、真似したり悪意をぶつけて接して、徐々にあなたのエネルギーを奪って行くのです。

ため息が出る人がいるなら、すぐ離れることがおすすめです。

また何かをして楽しくない上に罪悪感を感じてしまうのは、あなたの生命エネルギーが減退していることの現れです。

精神的にネガティブに傾いているので、まずはその物事から離れて、リラックスをする体験を増やして改善する必要があります。

まとめ

遊びから何から全てが楽しめない時期というのは、変化したほうがいいことや、精神のステージ上昇のメッセージでした。

エナジーバンパイアが身近にいたら怖いことです。

自分の状態を分析してみて、まずはリラックスを求めることから優先してみてください。

タイトルとURLをコピーしました