「便通がいい時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「便通がいい時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いつになくお腹がすっきりする日もあります。

便通がいい時のスピリチュアルサインを見ていきましょう。

「便通がいい時」のスピリチュアルでの象徴や意味

何度もトイレに行きたくなるなど、すっきりと出る日があります。

ウエスト周りがほっそりするので、嬉しい気持ちになれます。

便通がいい時は、チャクラの流れが良いということ。

高いエネルギーが流れていて、良い気があなたの体をめぐっています。

体に不要な汚物をため込んでいないので、毒素が生まれて苦しくなることもありません。

いつでも楽観的な考えになれて、朝日を浴びるように爽やかな発想をしていけます。

身も心も軽くなっている、とても清々しい状態をあらわします。

「便通がいい時」のスピリチュアルメッセージ

食べたらすぐにトイレに行きたくなる、代謝がいい時もあります。

便通がスムーズな時は、バランスの良い状態だということ。

悪い方に偏ることがなく、心はいつになく明るく輝いています。

身も心もシャープになって、明るい発想ができます。

いつになく身軽に動けるので、フットワークが軽くなって色々な街に出かけられます。

ちなみに腸内環境がいいのは、幸運体質の人に多いもの。

高いエネルギーは腸の辺りから生まれているので、幸せをいっぱい受けとめていけます。

これからもすっきりしたボディと共に、ためない生活をしてみてください。

「便通がいい時」のスピリチュアル的な解釈

お腹がすっきりする時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「便通がいい時」いい意味での解釈

頑固な便秘に悩まされないのは、ポジティブな気が流れているからです。

幸せを引き寄せる力が宿っているので、いい出会いやいい気付きを得やすくなっています。

ハイクラスの人と知り合える、優秀な人と名刺が交換できるなど、人脈に広がりが生まれてきます。

またあなた自身も魅力的になっているので、どこに行っても注目の的になっていきます。

恋愛運と仕事運が上がる、いい兆候です。

「便通がいい時」悪い意味での解釈

お腹をくだしてしまい、気持ちが悪くなる時もあります。

胃腸の調子が優れず、気分も冴えない場合には、エネルギーの乱気流が起こっている場合も。

気持ちに波が生まれやすいので、あまり急がないことが大切です。

時間と心にゆとりを持ちながら、焦らずに進んでいきましょう。

まとめ

便通がいい時のスピリチュアルサインを見てきました。

お通じがいい時は、開運体質になっている証拠です。

幸せのジンクスを知って、新しい扉を開けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました