「先祖供養」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「先祖供養」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ちょっと先祖供養をおろそかにしているなと、思っている方はいませんか?先祖供養を簡単に言えばお墓参りのことであり、お盆の時期に行われる先祖供養のお祭りなどを思い浮かべます。

ところでスピリチュアル的に見て、先祖供養がどんな効果をもたらすのかはご存知でしょうか。

「先祖供養」のスピリチュアルでの象徴や意味

子孫が先祖を供養することは、先祖霊を供養して子孫の安寧を祈願することでした。

お墓参りや仏壇に拝む風習、そしてお盆のお祭りや送り火などは、仏教伝来以降に取り入れられた先祖供養の行事です。

お墓参りなどで先祖供養を定期的にすることは、運気を高めて徳が還ることを意味するとも言われます。

先祖霊が良いことをする子孫に対して、恩恵をもたらしてくれると信じる人も少なくありません。

お盆には親戚や集落の人が集まったりするので、人を繋ぐご利益があるのも確かなことです。

「先祖供養」のスピリチュアルメッセージ

あなたがある日先祖供養をすることは、ご先祖様から「あなたを守護し続けるよ」というメッセージを受け取ることになります。

そして「良いことをした子孫に恩恵をもたらすよ」というメッセージもあるかもしれません。

「先祖供養」のスピリチュアル的な解釈

どんな形であっても、先祖供養をするという行動自体が大切です。

お墓参りすることが最も良いですが、それ以外でも先祖供養の方法はあります。

ただお墓参りする日時だけは、注意したほうが良いでしょう。

「先祖供養」いい意味での解釈

先祖供養しないと祟られたり病気になると言い伝えがあったりしますが、そんなご先祖さまの霊は滅多にいません(稀に存在するようです)。

ちゃんと成仏した先祖霊は、離れていてもあなたを守護してくれているので安心してください。

しかし親族の誰も先祖供養をしないのは、家が廃れることに繋がるのでよくないことです。

先祖供養をする日ですが、命日や春秋のお彼岸にお墓参りや仏壇に拝むのが、仏教的にはもっともよいと言われています。

しかし特別な日にこだわる必要はなく、行きたい時に行くことだけで立派な先祖供養です。

もし遠方に住んでいて実家のお墓に行けない場合でも、先祖を思い浮かべて感謝の念を伝えるだけでも先祖供養は成立するでしょう。

「先祖供養」悪い意味での解釈

お墓参りについては、夕方以降の暗い時間帯や雨の日に行うのは、良くないと言われています。

墓地は冥界と繋がって霊が集まる陰気な場所なので、暗い時間や雨の日は陰の気に拍車をかけ、訪れる人の運気を低下させます。

お墓参りは日中に行うのが吉です。

まとめ

ちゃんと先祖供養をするということは、ご先祖様から守護や恩恵を受けることに繋がっていました。

先祖供養は行きたい時に行くだけで十分ですし、行けない場合でも思い浮かべて感謝することで成立するものでした。

しかし暗い時間や雨の日のお墓参りは、気をつけたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました