「光が見える場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「光が見える場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

普段寝て、覚めて、朝日を拝む時に光が見えますよね。

もちろん曇りや雨なら太陽の光は見えないかもしれませんが、それでも夜とは違う昼間の明るさの中、光が見えるはずです。

また夜であっても、月や星、人工的な光は常に私たちの周りに存在します。

しかし、目を閉じていても光を感じたり、また、普段生活している中で、突然景色とは違う光を見たりすることはありませんか?それはもしかしたら特殊な意味を持つ光なのかもしれません。

「光が見える場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

あなたの目に見えた光が金色や緑色だった場合は恐らく天使が近くにいるというサインでしょう。

またもし目を閉じた時に光が見えるとしたら、それは丹光と言われ、とてもあなたの直観力が冴えている状態を意味します。

こちらも色により、意味合いが変わってきますが、明るい金に近い黄色であればあなたの気持ちが前に向いており、何事にも意欲的であることを意味します。

綺麗な緑色であれば、あなたの中に愛情が満ちていることを意味します。

「光が見える場合」のスピリチュアルメッセージ

光は異世界から、あなたに何かを伝えるために見せているものです。

どの場合であっても明るく鮮やかに見える場合は、直観力も冴え、希望や愛情に満ちている状態を意味します。

しかしもし見えた光が暗く鈍いものであったなら、あなたが消極的になっていて、殻に閉じこもっている状態を意味します。

その場合は少し休んで気持ちを整え仕切り直しをするのが良いでしょう。

鈍い光はあなたの体や心を心配して訪れた光なのです。

「光が見える場合」のスピリチュアル的な解釈

貴方は決して一人ではなく、多くの天使・守護霊・ご先祖様に見守られているという意味です。

そしてその方々に感謝の意を込めて、お墓参りやパワースポットに行って見てください。

鈍く光っていたものもクリアになるはずです。

そして、さらにあなたの力がパワーアップするでしょう。

「光が見える場合」いい意味での解釈

明るい光なら、あなたの中に力がみなぎっている時です。

直観力に従ってまっすぐ進んでみてください。

逆にその光が鈍い光を放っていたのなら、独りよがりになっているのかもしれません。

周りに助言を求め、一番良いと思われるものを導き出しましょう。

「光が見える場合」悪い意味での解釈

目の病気や外傷を確認してください。

体に異変がある場合には医療機関にかかりましょう。

まとめ

光は異次元世界からのメッセージです。

鈍い光であっても、それをクリアにすることで、あなたの未来が開けます。

タイトルとURLをコピーしました