PR

「共依存」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「共依存」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

共依存とは、自分と特定の相手との間に過剰な依存関係がある状態を指します。

共依存は家族や恋人などの近しい間柄で起こりやすいとされていますが、その関係にはどのようなスピリチュアル的な意味があるのでしょうか。

ここでは、共依存のスピリチュアル的な意味や解釈について詳しく解説していきます。

「共依存」のスピリチュアルでの象徴や意味

スピリチュアル的な観点から見ると、共依存には「互いのエネルギーを奪い合う関係」という意味があります。

具体的な例としては、特定の家族に何度もお金を借りにくる人とお金を貸す家族、恋人の行動を四六時中チェックする人とその恋人、友達に愚痴ばかり聞かせる人とその友達などがあげられます。

これらの関係は一見すると、依存する人と依存される人にはっきりと立場が分かれているように見えます。

しかし、依存する人も依存される人も、相手から離れられずエネルギーを奪い合っているという点では同じです。

「共依存」のスピリチュアルメッセージ

共依存が持つスピリチュアルメッセージは「このままの関係を続けると、お互いにエネルギーを奪い合ってしまう」というものです。

依存する側は、お金や時間、相手の労力などのエネルギーを奪っています。

そのため、依存される側は被害者のように見えるかもしれません。

しかし、実は依存される側も相手の期待に応え続けることで相手から自立の機会や生きる力を奪っているといえます。

「共依存」のスピリチュアル的な解釈

スピリチュアル的に見ると、共依存はお互いのエネルギーを奪い合う関係であると解釈できます。

「共依存」いい意味での解釈

基本的には共依存にいい意味はありません。

しかし、現在誰かと共依存に陥っていると気づけた人はそこから抜け出すチャンスが来ていると解釈できます。

依存している場合でも依存させている場合でも、思い切ってその関係にストップをかけることが大切です。

一時的には関係が悪くなるかもしれませんが、そのことによってお互いが自立して幸せに生きる道が見えてくる可能性もあります。

「共依存」悪い意味での解釈

一時的に見ると、依存している側は得をしているように見えるかもしれません。

しかし、誰かに依存し続けているかぎりは自分の人生をその誰かの手に委ねることになります。

次第に生きるエネルギーは弱まり、ますます一人では生きていけないと錯覚するようになる可能性があります。

これは依存させている側も同じで、相手を過度に依存させている限りは生きるエネルギーを奪われることになります。

自覚がある人は、できるだけ早く依存関係を断ち切りましょう。

まとめ

共依存には「このままの関係を続けると、お互いにエネルギーを奪い合ってしまう」という意味があります。

依存している側は自分の力で生きようとすること、依存させている側は相手の力を信じて要求に応えすぎないことが大切です。

お互いがエネルギーを与えあい、共に幸せになれる関係を目指しましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする