「写真に光の線が入る場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「写真に光の線が入る場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

時々写真を撮ってみると奇妙な丸い光の玉が写り込んで、失敗したと思うことがありませんか。

その光は線状になっている場合もあるものです。

一般的にこの光の玉や線はフレアと呼ばれ、レンズに反射した光が写真に入り込んだものと解釈がされます。

しかし写真の光の線は、スピリチュアルな視点では特別な解釈が出てくるようです。

「写真に光の線が入る場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

写真にまっすぐの光の線が入っている場合、それはスピリチュアル界では天使の梯子や太陽柱(サンピラー)と呼ばれています。

天使の梯子は自分の願いが叶う意味を持つ現象です。

一方で煙のような線だったら、人のオーラである場合があります。

これは自分自身のオーラだけでなく、近くに漂う霊魂のものエクトプラズムである場合もあるようです。

ちなみに光の丸い玉はオーブと呼ばれているもので、一般的には空気中のホコリに光が当たったものだといいますが、撮影者の心理状態が影響していたり、霊魂が写り込んでいるかもしれません。

「写真に光の線が入る場合」のスピリチュアルメッセージ

もしも写真の中に真っ直ぐな光の線が入っていたときのメッセージは「あなたの願いが叶うよ」というものです。

普段から強く願っている思いが反映されることになります。

「写真に光の線が入る場合」のスピリチュアル的な解釈

どこで撮影した写真に光の線が付いたかによって、受けるご利益は違ったものになります。

また光の線の色によっても、受ける幸福は違うものになるはずです。

願いが叶うだけにとどまらない好影響があるかもしれません。

「写真に光の線が入る場合」いい意味での解釈

その光の線が入った写真の撮影場所が神社仏閣である場合、縁起がよいことが起きる印だと言われています。

白い線の場合は土地のポジティブなエネルギーが反映されたものです。

青や紫の線は、神さまや霊的な存在が、撮影者を守護しているとされています。

黄色の場合は近いうちに幸福がもたらされるサインです。

レインボーな線だったらとても幸運なサインで、良いことが起きる前触れになるでしょう。

「写真に光の線が入る場合」悪い意味での解釈

ところが光の線の色が赤い系統の場合には、願いが叶うとしても、霊的なものの怒りや警告の意味が強いと解釈できます。

特に心霊スポットや霊が集まる場所で撮影すると、起こる確率が高くなるとされています。

顔を隠すように赤系の光の線が入っているのは、よくない状態です。

いずれも神社でお焚き上げしてもらうか、封筒に写真と塩を入れて燃やす処置が必要になります。

そして日々悪いものを遠ざけたり、ご利益を得る行動をおすすめします。

まとめ

写真を撮って光の線が入っているのは天使の梯子であり、願いが叶うことのメッセージでした。

そして光の線の色によって、幸福だったり警告の意味があるのは意外なことです。

これから写真を撮る機会があれば、光の線が入っているかどうかは気になってしまいそうですね。

タイトルとURLをコピーしました