「写真を捨てる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「写真を捨てる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

むかし撮影した写真が溜まっていたら、捨てても良いかと思うものです。

しかし写真には魂が宿るとか、捨てると不幸になるとか言われて、手放し難いこともあります。

そこで写真を捨てる場合には、どんなスピリチュアル的な意味や解釈ができるのかを知って、写真を捨てることに役立ててみてください。

「写真を捨てる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

もう不要だと考えている写真を捨て去る場合、それは過去との決別を意味しているのは明らかです。

何しろ昔の写真を、この世から完全に消滅させてしまうわけですから。

「写真を捨てる場合」のスピリチュアルメッセージ

決別したい過去の写真を捨てることは、新たな自分に代われるというメッセージがあります。

新しい縁を呼び込むというメッセージも含まれています。

もし今の自分の人生に納得行かないなら、まず写真から断捨離してみるのがよいでしょう。

「写真を捨てる場合」のスピリチュアル的な解釈

気に入らない写真を捨てるということは、スピリチュアル的には「悪運を断ち切る」ことであると解釈できます。

じつは写真撮影というのは風景や人の姿だけでなく、瞬間的な気や念を写し込む行動であり、その時に悪いものが入ってしまうと保持する人に悪影響を与えるものです。

それを捨てるということはとても重要なことになります。

「写真を捨てる場合」いい意味での解釈

もし嫌いな人が写っている写真を捨てるのであれば、それは新たな運気を呼び込むことにつながっているはずです。

もし昔の恋人が映った写真を捨てたいと思ったら、それは新たな恋愛を成就できる可能性を高めてくれます。

パッと見て嫌な感じのする写真は、すぐに捨てることで不幸から逃れられるようになります。

これから人が映った写真を捨てる場合、白い紙にお塩を入れて捨てるか、庭でお焚き上げをしてみるのも運気を上げる方法です。

「写真を捨てる場合」悪い意味での解釈

もしも写真を捨てるとなった時に、やっぱり捨てられないとなったら、それは未練があって過去から変化できないことの現れです。

良くないものまで引きずってしまうことになり、過去の不幸な出来事がまた繰り返されてしまうかもしれません。

まとめ

なかなか捨てることができない写真がありますが、それが悪運を引っ張り込む原因なことがわかりました。

新たな自分に変化をしていきたいなら、すっぱりと捨ててしまったほうが良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました