PR

「副鼻腔炎」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「副鼻腔炎」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「副鼻腔炎」は、慢性化する事で、鼻づまりだけでなく、頭痛や目の痛み、歯の痛みに繋がる事もある厄介な病気です。

病気は、スピリチュアルな分野と重複する事があります。

医療による治療は前提として、スピリチュアルな面も見直すと効果的です。

ここでは、「副鼻腔炎」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「副鼻腔炎」のスピリチュアルでの象徴や意味

「副鼻腔炎」は、鼻腔に隣接した空洞に炎症が起こり、膿が溜まる事で起きる病気で、「蓄膿症」とも呼ばれます。

副鼻腔は頬、眉の上などにあり鼻腔と繋がっていますが、穴はごく小さく、炎症で閉じてしまうと、膿が排出出来なくなります。

ここから、溜め込み出せていない負の感情の象徴となります。

鼻という外界の物事に最初に触れる部位に関わる不調のため、未経験な事に対する不安も表れやすいでしょう。

「副鼻腔炎」のスピリチュアルメッセージ

「副鼻腔炎」の診断によってメッセージは表れます。

諸症状から、「副鼻腔炎」を自覚した時も当てはまりますが、診断を受ける事がより確実です。

「副鼻腔炎」のスピリチュアル的な解釈

「副鼻腔炎」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「副鼻腔炎」いい意味での解釈

受診によって「副鼻腔炎」がコントロールでき、改善に向かいつつある場合、良いメッセージが表れています。

思い悩んでいた事が具体的に自覚でき、解消していく兆しです。

また、新しい物事への挑戦が行われ、良い経験になったという表れでもあります。

「副鼻腔炎」悪い意味での解釈

受診し、治療を受けても「副鼻腔炎」が改善しない場合、悪いメッセージが表れていると解釈できます。

悩み事が他人に対するもので、自分で処理仕切れなくなっている状態です。

新しい挑戦については、まだ実力が伴わず、それが出来ない、またはそう強く思い込んでしまっている状態です。

他人を変える事は出来ません。

動かない他人に思い悩むより、自分の考え方や立ち位置を改める事で、良い方向に運命を修正出来ます。

新しい挑戦も、思い切ってまずはやってみる、という気持ちが重要になります。

尚、これらを改めても、「副鼻腔炎」の感じ方が変わるだけで、治る訳ではありません。

あくまで、医療による治療継続が前提です。

まとめ

「副鼻腔炎」は、病気である一方、悩みの蓄積や、新たな事への不安も表します。

良い意味としては、悩みの解消や挑戦出来た事による成果の表れです。

悪い意味では、悩みが処理出来ない状況や、挑戦への過度な抵抗感です。

自分を見直したり、思い切って挑戦する事で、運命を良い方向に向けられるでしょう。

但し、「副鼻腔炎」の治療継続が大前提です。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする