「勘が鋭い人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「勘が鋭い人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

この人勘が鋭いなあと、関心してしまうような人が身近にいたりしませんか?

勘がよく当たっている場合、偶然だとかツキがあるという発想になるのは当然のことです。

しかし実は勘が鋭い人というのは、スピリチュアル的に言うと第六感が優れていることにつながっているため、精神の進化を遂げたい人にとっては注目したくなります。

「勘が鋭い人」のスピリチュアルでの象徴や意味

直感的にピンと来るような能力や、見えないものが見える能力を第六感と言いますが、勘が鋭いのはその第六感が優れていることを意味します。

勘が鋭い人は、ひらめきや芸術性に係わる右脳が発達している傾向があって、普段から普通の人と違う発想ができるのです。

それは言い換えると第三の目とか、チャクラというものが開いている状態になります。

感受性の高いHPSや、エンパスと呼ばれる人はこの特徴を持っているようです。

勘が鋭いと根拠なくたまたま当たっているように見えて、実は誰より直感的に瞬時に物事を判断できているといいます。

「勘が鋭い人」のスピリチュアルメッセージ

非常に勘が研ぎ澄まされている人が天から与えられているメッセージは「世の中の真相や裏側を知ることができるよ」というものです。

能力の使い方が正しければ、周囲に好影響を与えられる存在になっています。

「勘が鋭い人」のスピリチュアル的な解釈

勘が鋭いということは、周囲を色々な方法で探ったり観察する能力が高いということがあります。

それは真理の追求という意味ではポジティブなことですが、しかし勘が鋭過ぎることがかえってマイナスに作用するので注意が必要です。

「勘が鋭い人」いい意味での解釈

人よりも優れた洞察力を持っている傾向にあるのが、勘が鋭い人です。

思考を重ねると物事の本質的な部分が見えるので、他の人では気づけないことに気づいている場合が多くなります。

また勘が鋭いと、予知夢を見る頻度が高くなるのも特徴です。

それは時に正夢ともなるものなので、未来のトラブル回避や改善に役立てられるかもしれません。

嘘を見抜けるのも勘が鋭い人の特徴です。

相手の言葉や表情などから嘘を見抜くことによって、正しい方向性を知ることができるので人生のプラスになります。

「勘が鋭い人」悪い意味での解釈

実は感覚が繊細であるがゆえ、人に嫌われてしまう頻度が高いことは勘が鋭い人にありがちです。

また幽霊が見えてしまい、悩む人も珍しくありません。

さらに人の嘘や悪意に敏感過ぎたり、ストレスを過剰に受けやすいのが問題になります。

その結果人付き合いが下手で、人間不信や引きこもりに陥ったり、悩みすぎて五感に異常を来してしまうこともあるのです。

まとめ

できたら勘が鋭い人になりたいと思うかもしれませんが、敏感過ぎるより普通や鈍感のほうが幸せなこともあります。

最近勘が鋭くなったなと感じるなら、悩みすぎないよう日々のストレス解消をして、ポジティブ思考をやめないよう心がけてください。

タイトルとURLをコピーしました