PR

「北海道パワースポット」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「北海道パワースポット」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

北海道は都道府県の中で最大の面積を誇り、自然に恵まれた土地です。

一方「試される大地」とも言う通り、決して恵みを与えるばかりではありません。

そんな北海道のパワースポットには、どんな力があるのでしょうか。

ここでは、「北海道パワースポット」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「北海道パワースポット」のスピリチュアルでの象徴や意味

北海道のパワースポットは多数ありますが、その多くは大地や自然との強い繋がりを象徴しています。

エネルギーとして人を元気にするものもありますが、受け取る人を試す強すぎるものもあります。

また、続縄文文化と大和文化の融合で成立したと考えられるアイヌ文化は、自然をカムイと解釈する事で、より効果的にパワーを採り入れる工夫があります。

「北海道パワースポット」のスピリチュアルメッセージ

北海道のパワースポットを訪れる事で、メッセージは受けられます。

有名なところでは、旭川のアイヌの聖地「神居古潭(カムイコタン)」、札幌の総鎮守「北海道神宮」、美瑛の「青い池」、登別の「地獄谷」他多数です。

人知れぬ地の方が、品格が高いと思うかも知れません。

ですが、スピリチュアルは認識とも親和性が高い為、多くの人に知られている事も、パワーの一因となるのです。

「北海道パワースポット」のスピリチュアル的な解釈

「北海道パワースポット」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「北海道パワースポット」いい意味での解釈

スポットを訪れた事で、満たされ、温かな気分になる場合、良い意味と言えます。

「神居古潭」は、カムイとして祀られた自然のパワーを効率的に受け取れる下地ができます。

「北海道神宮」は、開拓により人の地を広げ、北の最前線としてそれを守護する神格であり、「守る」パワーが得られます。

「青い池」は、人の力で作られながら、神秘性を持つ事から、沈静や神性と親和します。

「地獄谷」は、地球のパワーそのものです。

少し元気が足りない時も、一気にチャージ出来るでしょう。

「北海道パワースポット」悪い意味での解釈

スポットを訪れても、嫌な気分がしたり、恐怖心を覚える場合は悪い意味です。

辿り着くまでに自動車のトラブルが多発するような場合も同様です。

北海道のパワースポットの多くは、荒ぶるカムイがそのまま残るものです。

受け容れるだけの強さがない場合、逆に傷つくため、あなたを守るものが警告で足止めしている場合があります。

そのような場合は、無闇に踏み込んだ事を詫びた上で、受け容れられそうなら進み、それでも駄目なら計画を変更しましょう。

都市部から離れる北海道の移動は、自動車の故障1つで、自然の中に取り残される事になります。

慎重さは重要です。

まとめ

「北海道パワースポット」は、自然やアイヌ文化由来のパワーに触れられる場所です。

これにより自然のパワーが多く得られます。

ただ、悪く作用すると、パワーを持て余します。

その場合、警告として受け取り、状況に応じて引き返す事で、トラブルを防げるでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする