PR

「医者」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「医者」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

長い人生、健康に生きていても、時には体調を崩す事もあります。

そんな時に、医療は頼もしいものです。

信頼出来る医師との出会いは、運命も左右するでしょう。

ここでは、「医者」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「医者」のスピリチュアルでの象徴や意味

ここでいう「医者」とは、医師免許を持ち、医療施設で働き、あなたに医療を提供する人を指します。

医療の世界には「鬼手仏(菩薩)心」という言葉があり、人を助けたいという優しさと、その為に手術などの人を傷付ける手段も用いるという二面を表します。

内科医であっても、度が過ぎれば有害な薬は「鬼」に違いありません。

このような二面性を持ちながら、本来の性質は慈悲を象徴しています。

一方、裕福さや社会的な名声の意味にもなります。

「医者」のスピリチュアルメッセージ

「医者」との関わった時に心に浮かぶ感情として、メッセージは表れます。

夢で出会ったり、想像した場合も同様です。

逆に、主治医の語る言葉や治療、処方に関しては、科学を元にし、感情や運命ではなく論理によって組み立てられている為、本質的にスピリチュアルなメッセージは伴いません。

「医者」のスピリチュアル的な解釈

「医者」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「医者」いい意味での解釈

「医者」と関わった時、心が温かく、ホッとするような場合は、良い意味と解釈できます。

あなたが愛情を充分受け、今後も運命が良い方向に進んでいくという表れです。

夢にしばしば出て来る場合、成功して名声を得るという予兆です。

ただし、座して転がり込んでくるようなものではなく、学びを伴い、何か現状を「治療」する事で辿り着くものです。

今取り組んでいる事に、努力すればそれだけの成果が期待出来るでしょう。

「医者」悪い意味での解釈

信頼出来る「医者」で、深刻な症状もないのに、合うと極端に嫌な予感が浮かび、心が冷えびえとしてくる場合は、悪いメッセージです。

これは、鬼手仏心のうちの鬼手の方、つまりあなたの心身に、病気に限らず大きなダメージが訪れる予兆です。

ある程度の備えがないと、ダメージが後を引いてしまう可能性があります。

このような時は、自分の振る舞いを省みて、人の恨みなどを買っていないか、考えましょう。

今、都合の良い相手が、同じ態度のままでいるとは限りません。

その後は、手術後のように運命が開けていく可能性が高いでしょう。

まとめ

「医者」は、人を傷付ける面と癒す面を持ち、全体としては慈悲を象徴します。

良い意味としては、人に愛されている現状を表し、努力が報われるという予兆でもあります。

悪い意味としては、大きなダメージの到来を告げるものです。

こういう時は、自らを省みて行いを正せば、乗り越えられるでしょう。

辛い手術のようなもので、その後の運命は、開けていく可能性が高いでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする