「千葉神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「千葉神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

千葉の市街地に鎮座している千葉神社は、西暦1000年から崇拝されてきた聖地です。

別名を妙見本宮といい、日本でも有数なほどの北斗七星信仰と妙見信仰の中心地となっています。

かつては源頼朝も参拝したことで、たいへんな武運を得ていました。

千葉有数なパワースポットは、スピリチュアル的な効果がとても高いので魅力的です。

「千葉神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

主祭神となっているのは北辰妙見尊星王で、この神は天之御中主大神(あめのみなかぬし)と同一の存在です。

人の悪い星を取り除いて善い星に導く、八方除けと開運の象徴的な神社となっています。

また男女の星を巡り合わせたり結びつける力があるので、恋愛成就や結婚運を求める女性が多数詰めかけるところです。

子育てや子供の成長にもご利益があるとして、家族連れにも人気があります。

「千葉神社」のスピリチュアルメッセージ

もし千葉神社の本殿に参拝することができれば、神さまから「良い運勢に導くよ」というメッセージを受けることになり、実現に向かうでしょう。

また「男女の良い出会いをもたらすよ」と伝えられることになるので、出会いに恵まれない人も訪ねてみると良いです。

「千葉神社」のスピリチュアル的な解釈

こちらの千葉神社は、境内に幾つもの見どころがあり、それぞれでご利益が得られます。

一番に叶えたい願いに従って、その御利益スポットを拝んでみてください。

「千葉神社」いい意味での解釈

本殿は日本では珍しい二階建て構造になっていますが、二階に上がって拝むほうが願いが届きやすいと言われています。

境内では学問の神菅原道真を祀る千葉天神があり、参拝すればツキを呼び勝を拾うと知られる名所です。

合格祈願をするなら見逃せません。

また尊星殿(そんじょうでん)の東の日天楼では、陽明柱を触れて精神と生活の加護があり、西の月天楼の光輝柱に触れて浄化と生命力向上の加護があると信じられています。

境内の妙見延寿の井(みょうけんえんじゅのい)は、飲むことになれば長寿のご利益が得られると知られる名水です。

ねがい橋・かない橋の奥の玄武岩は亀石と呼ばれ、撫でることで無病息災やボケ封じが叶うと言われています。

「千葉神社」悪い意味での解釈

とても強いエネルギーがみなぎる千葉神社なので、幾つもの神気を得ることで気分が悪くなるかもしれません。

霊感を感じ取れる方などは全てのスポットに参拝せず、候補を絞ってお参りをしてみてください。

まとめ

崇敬を集めている千葉神社とは、八方除けと良い運勢に導かれるパワースポットでした。

悪運に取り憑かれている人も、北辰妙見尊星王からの救いを求めてみてはどうでしょうか。

見どころが多いので休日の千葉市街の観光にもぴったりです。

タイトルとURLをコピーしました