「反薄明光線」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「反薄明光線」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

何処かで神秘的な反薄明光線(はんはくめいこうせん)を見たことがありますか?

これは空の雲の切れ間から太陽光が注ぎ、光芒と呼ばれる光線の柱が見えるという薄明光線とは逆の現象です。

早朝や夕方に見えることがあり、見る人に感動を与えることになります。

そんな反薄明光線は、スピリチュアル的には何をもたらしてくれるのかが気がかりです。

「反薄明光線」のスピリチュアルでの象徴や意味

むかしから太陽光が注ぐ薄明光線は天使の梯子、ヤコブの梯子、ゴッドレイなどと呼ばれ、天使が舞い降りていることの象徴とされました。

これは「旧約聖書」に登場するヤコブが見た夢に登場したものが最初で、見ると願いが叶う前触れで、運勢が良好なことの象徴となっているものです。

奇跡的に見える反薄明光線とは、そんな天使の梯子の影ということもできます。

そのため天使の梯子と同じスピリチュアルパワーがあると言われているのです。

それはいつも願っていることが叶ったり成功する前触れになることが1つ。

さらに現在の運勢がとても良い状態であることが、示されている意味もあります。

また神さまに見守られている時の象徴的な出来事です。

「反薄明光線」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが何処かで反薄明光線を見た時のメッセージは、「神さまに見守られているよ」「あなたの願いが叶えられるよ」「いま取り組んでいることが実現するよ」といったものです。

この機会を活かして行くことが最善となります。

「反薄明光線」のスピリチュアル的な解釈

縁起の良い反薄明光線を目撃した後、前向きな行動を取ることで幸福を手にできるようになります。

しかし反薄明光線を見た後、不運に繋がることもあるので気を付けてください。

「反薄明光線」いい意味での解釈

もし反薄明光線を見たなら、直後に何か興味があることにチャレンジしてみると良いです。

それは日常の趣味や買い物、仕事や恋愛に関係することなどです。

すると良い結果がもたらされることに繋がっています。

写真を撮影することができれば、その奇跡的なパワーを手元に残すことになり、お守りとして役立てられるはず。

スマホの待受け画面に設定してみたり、部屋に写真を飾ってみれば、波動が高まってラッキーを呼ぶことになりそうです。

「反薄明光線」悪い意味での解釈

せっかくの反薄明光線を見ても何も感じなかった場合、あなたの波動や運気は低下し、感情も希薄になっている状態です。

本来の自分の波動や感性を取り戻す必要があるでしょう。

反薄明光線を見た時に、ネガティブに感じてしまった場合も同様です。

まとめ

感動を与える反薄明光線とは天使の梯子と同じであり、願いが叶ったり実現することのメッセージになっていました。

見たら何かにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

そして縁起の良い反薄明光線を写真に取って、手元に残してみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました