「古着」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「古着」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いつも古着を好んで着ている人は、若者を中心に大勢います。

古着はヴィンテージならたいへんな価値があったりするし、新品より安くて綺麗なものがあるので魅力が高いからです。

ではスピリチュアル的に言って、古着は人々にどんな影響をもたらしているでしょうか。

「古着」のスピリチュアルでの象徴や意味

古来より日本では物に魂が付くと言われてきた通り、衣服にも以前に着ていた人の念がこもると言われています。

所有者が分からない古着がほとんどであり、現在その人が生きてるか死んでるかすら不明です。

長く着られた古着は特に人の思念が染み付きやすく、着る人にさまざまな影響を与えると言われています。

たとえば幸せな人生を歩んだ人の古着は幸運をもたらし、不幸だった人の古着は邪気が染み込んでいて、不幸をもたらすこともあるのです。

「古着」のスピリチュアルメッセージ

どこかのショップで古着を買って身につけるということは、「以前の所有者の念や運勢の影響を受けることになるよ」というメッセージがあります。

その古着のことをよく考えて購入する必要があるでしょう。

「古着」のスピリチュアル的な解釈

今から古着を着こなす時にポジティブな行動をすることで、その古着は良いものに早変わりします。

そして古着については、怖いことも起こりがちなので覚えておくとよいです。

「古着」いい意味での解釈

以前の所有者がどんな人か不明でも、古着はいったん洗うことで、汚れだけでなく邪気も払うことができます。

そして古着を買ったならポジティブに接することによって、邪気があっても良いものに変えることができるはずです。

古着を入手するなら、以前の持ち主が分かるものを手に入れるのが良いです。

幸せな所有者の古着なら、悪影響など無縁になります。

古着ばかりを揃えることは、自宅やあなたの運気の低下を招くことになりかねません。

だから安くても新しい服も揃えておくことで、悪いエネルギーの滞留を回避できるようになります。

「古着」悪い意味での解釈

安物の古着ばかりを買っていると、自分自身も安い存在に見られるようになる場合があります。

大切にされなくなったり、貧乏を招いたりするので注意が必要です。

また明らかに粗末に扱われていたり、邪気が入ったものは不幸を招くだけですので、手に入れないことが賢明でしょう。

まとめ

気軽に手に入れがちな古着とは、以前の持ち主の念や運勢の影響を受けてしまうものであると分かりました。

身につける古着によって、幸運だったり不幸だったりするのはとても重要なことです。

これからの古着の購入の時に、役立ててみてください。

タイトルとURLをコピーしました