「台風」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「台風」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

毎年のように発生する台風は、人々に災害と恵みをもたらす巨大な存在です。

小さな台風ならマシですが、風速60mを超える大型台風は人の命を奪うこともあります。

そうした怖れられる台風には、実は神さまやカルマに係わるスピリチュアルな意味があるようなのです。

「台風」のスピリチュアルでの象徴や意味

反時計回りの渦を巻いて猛烈な雨と風をもたらす台風は、古来より龍神に関連付けられた自然現象です。

そして台風とは龍神が住まう地球の浄化作用(リセット)であり、人間の積み重ねた悪のカルマを解消する目的があるのだと言われて来ました。

人の悪気が溜まっているほど台風は強まり、人々の祈りの力が影響して、逸れることもある霊的な現象だとも言います。

台風によって大被害をもたらし人命を奪うこともある反面、土地の水不足が解消されたり浄化されるというプラスの影響もあるため、両面を持っている存在です。

そのため台風が来るということは人々に対する試練であり、備えあれば憂い無しであることの暗示にもなっています。

「台風」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたの住む場所に台風が来そうなら、「土地の浄化をしに来たよ」とか「備えをするべきだよ」というメッセージです。

その台風が巨大であるほど、人々は試されているでしょう。

「台風」のスピリチュアル的な解釈

もし台風が近くに来るとなったら、台風にどんな対処をするかで未来は良くも悪くもなります。

そして台風が発生してからどんなことが起きたかによっても、スピリチュアル的な解釈を導けることになります。

「台風」いい意味での解釈

迫りくる台風の被害に備えたり避難したいと思うことは、生命力の高まりだったり神霊の守護がある証拠です。

滞りなく進めてみてください。

台風が自分の居場所からそれたり、水不足が解消される出来事があれば、龍神による守護があったり、人々が幸福を引き寄せたと言われています。

また台風一過で空が晴れ渡り空気が綺麗になっているのは、大地と天空が浄化されたことの現れです。

台風一過の日に庭の掃除をすれば、自宅の邪気も一掃できて幸福を引き寄せることになります。

台風一過の日を、心機一転として新たなスタートを切って見ると良いです。

「台風」悪い意味での解釈

自宅や近隣に台風による破壊や死傷者が発生するのは不幸なことですが、逆に言えばそれほど人間の負のエネルギーが溜まり過ぎていることの現れと解釈ができます。

毎年のように深刻な被害が出る土地は、カルマの蓄積の現れかもしれません。

また台風が来るのに何も備えない人がいれば、波動が低下し危機意識が失せていることの現れとなります。

自分は平気と余裕でいられる人ほど、今後の自然災害には気をつけてください。

まとめ

恐ろしい台風とは、地球と龍神による浄化作用であり、備えをすべきという暗示になっていました。

台風は被害をもたらしますが、それは人々の悪のカルマの積み重ねの結果かもしれないのです。

ともかく今後は台風の備えを万全にして、空が澄み渡る台風一過を待ちたいです。

タイトルとURLをコピーしました