「右の靴紐がほどける場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「右の靴紐がほどける場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

何度結び直しても、歩き方が悪いのか、どうしても右足の靴紐だけがほどけてしまうということ、ありませんか?それは、スピリチュアルの力によってほどかれているのかもしれません。

では一体どんなスピリチュアルなのでしょう。

「右の靴紐がほどける場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

ジンクス的には、右足の靴紐がほどける場合、恋人ができるとか、パートナーとの仲が深くなるなどと、いうということが言われています。

しかし、一方で、足は大地との繋がりを表しています。

その靴紐がほどけてしまうということは、足が大地から離れている状態を示します。

地に着かない足。

それはちょっと怖いですよね。

ふらふらと幽霊のようにさ迷ってしまうような状態。

そのことから、しっかりと足を大地に着けて、うっかりミスにも気をつけましょうと言うサインの表れだとも言われています。

恋人ができると浮かれていると、そのほどけた紐に絡まってしまうかもしれませんよ。

「右の靴紐がほどける場合」のスピリチュアルメッセージ

気持ちが先走りし過ぎないようにという、メッセージも込められているようです。

大抵の場合、靴紐がほどけているのに、気づかないこと多いですよね。

とにかく待ち合わせ場所に、急がないと、という気持ちばかりが、焦ってしまうなんて、事がありませんか?でも、靴紐がほどけたまま歩くのは、とても危険です。

余裕をもって、気を落ち着けるようにと、ほどけた靴紐は、言っているのかもしれません。

「右の靴紐がほどける場合」のスピリチュアル的な解釈

生活に刺激が欲しいと思うときに、靴紐がほどける場合があるようです。

彼との間が、マンネリ化している、夫婦に会話がなくなってしまったなど、そう言った場合に靴紐がほどけてしまうようです。

また、カップルでもどこへも出かけなかったり、相手に対して、何かを諦めてしまったり。

そう言った場合には、なるべく会話をするようにしましょう。

そして、自分の思うことを正直に伝え、相手が思っていることを素直に聞き届けてください。

お互い、言葉がなくても通じると思ってしまっていることも多々あるでしょう。

しかし、コミュニケーションは、言葉が無ければ取れません。

もし、右の靴紐がほどけていたら、お互いをもっと深く知るために、会話から始めましょう。

「右の靴紐がほどける場合」いい意味での解釈

恋人ができる、パートナーとの距離が近づくなど。

「右の靴紐がほどける場合」悪い意味での解釈

言わなくてもわかっていると思うのは嘘です。

自分の気持ちはしっかり表に出しましょう。

そうすることで、より親密な関係が生まれます。

まとめ

何も言わなくても、何もしなくても、相手がわかってくれるというのはエスパーレベルです。

お互い声に出して、思いを伝えましょう。

タイトルとURLをコピーしました