「合わない土地」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「合わない土地」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

合わない土地 今住んでいる土地は、自分には合わないと感じていませんか。

それは何か居心地が悪かったり、神聖な場所なのに不快だったり、訪れるたびに悪いことばかり起きたり、引っ越してみれば嫌なことばかり起こるような土地のことです。

自分に合わない土地があった場合、スピリチュアル的にはどういった解釈が得られるでしょうか。

「合わない土地」のスピリチュアルでの象徴や意味

自分に合わない土地というのは、相性の問題が大きく横たわっています。

よく言われるのは、その土地の神さまや霊的存在との相性が悪いという意味です。

土地ごとに神社で祀られているのと同じ神さまがいます。

例えば龍神、水神、稲荷、山の神などです。

訪れた土地には、むかしから地縛霊が存在して悪い波動を放つこともあります。

そうした場所に行くと、人によっては神や霊体と相性が悪いために、悪影響が出て合わない土地になるということです。

あるいは大地が放つ磁気や霊気などのエネルギーが、強すぎたり気力を吸い取られたりすることもあります。

また電磁波や人の悪意の影響を受けて、合わないこともあるでしょう。

「合わない土地」のスピリチュアルメッセージ

もし訪れた土地が自分に合っていないと感じ取った場合、「そこにいると良くない影響を受けるよ」とか「あなたはそこから離れるべきだよ」というメッセージになっています。

注意や警告の意味があるということなのです。

「合わない土地」のスピリチュアル的な解釈

何らかの対処をすることによって、合わない土地でも過ごしていけることもあります。

しかし基本的に合わない土地に留まることは、物事の悪化が進んでしまうことになるので気をつけてください。

「合わない土地」いい意味での解釈

合わない土地でもしっかりお祓いをしたり、その土地の神さまにお供えをして拝むことで改善する場合もあります。

居心地が悪かったり不運なことが連続するなら、お祓いで邪気を退けたり、その土地の守護神に対する祈祷をしてみることです。

訪れた場所が自分に合わないことが感覚的にわかった場合、ラッキーアイテムで瞬時に対策もできます。

例えば邪気を祓うお守りやパワーストーンなどを身に着けたり、邪気を祓う塩を撒いたり置いたりすることです。

「合わない土地」悪い意味での解釈

何か不快なことが起きているのに合わない土地にとどまることは、悪化の一途をたどることがあります。

誰かの狂気に襲われたり病気になったり、心霊現象のような形で目にることもあるでしょう。

その土地に会社があって勤務しているなら、トラブルや失敗が続くこともあります。

対策としては転職が一番です。

自分だけが合わないだけでなく、土地の人々も悪いエネルギーに支配されている場合も珍しくありません。

そうなると住人が悪意に満ちていたり、ネガティブを好む傾向が出てきてしまうので要注意です。

まとめ

なんだか居心地が悪かったりして合わない土地にいることは、良くない影響を受けたり、離れるべきというメッセージになっていました。

トラブルや病気ばかりになったら大変です。

気が付いたらすぐに対策を取ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました