「向日葵」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「向日葵」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

幼少時からなぜか向日葵(ひまわり)の花が好きだったりしませんでしたか。

向日葵は他の花よりずっと大きくなり、夏になると巨大で黄色いい花を咲かせます。

向日葵のスピリチュアル的な意味やメッセージも知っておくと、庭で育てたくなってしまうかもしれませんよ。

「向日葵」のスピリチュアルでの象徴や意味

キク科なのに葵(あおい)の文字を使って向日葵と書いていますが、これは花がお日さまに向かって回っていくことから名付けられている名称です。

北米のネイティブアメリカンは向日葵の種を食用としましたが、南米では向日葵を太陽信仰の象徴とし聖なる花として扱ってきました。

向日葵の花言葉自体も太陽に関係し、「あなただけを見つめる」「熱愛」「崇拝」などが存在しています。

見るだけでも元気をもらえるようなひまわりは、幸福をもたらす縁起のよいものとして世界中で好まれている花です。

「向日葵」のスピリチュアルメッセージ

何処かで向日葵を見かけることがあれば「あなたに太陽のエネルギーを与えるよ」というメッセージになります。

実際に向日葵を見て元気が出たなら、エネルギーを渡されているのかもしれません。

「向日葵」のスピリチュアル的な解釈

そんな元気をもたらす向日葵ですが、見るだけでなく育ててみたほうがより向日葵のポジティブさを得られるでしょう。

またどんな向日葵を見るかで、あなたの運勢を占うこともできます。

「向日葵」いい意味での解釈

とても巨大に成長した向日葵を見たら、1本あたりが人に与えるエネルギーも大きなものになるはずです。

自宅で育てたひまわりが巨大になった場合、夏の間は心身に良い影響を受けることができて幸福に過ごせそうです。

夏を過ぎると向日葵は枯れてしまいます。

しかし種が残るため、枯れた姿を見ても恵みをもたらしてくれると解釈ができるでしょう。

周囲一面にひまわりが咲き乱れているような場所は、生命のエネルギーを高められるところです。

膨大なひまわりによってストレスが浄化され、ポジティブな思考につなげていくことができます。

「向日葵」悪い意味での解釈

成長して花を咲かせる段階で向日葵が倒れてしまったら、エネルギーや運気の低下が示されているようです。

育てる人の人生にも何か心配事が出るかも知れません。

倒れた向日葵には支柱が必要なように、自分自身を見つめ直していくことが大切です。

まとめ

大きくなって咲き誇る向日葵には、太陽のエネルギーを与えてくれる存在でした。

夏にどうしても向日葵が見たくなるのも、きっと精神に好影響を与えてくれているからです。

庭で向日葵を育てて、向日葵のパワーをもらってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました