「呼吸が浅い場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「呼吸が浅い場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

朝起きてみたら、呼吸が浅いと感じることがないですか?深呼吸しても浅い状態が治らなければ酸素不足になってしまい、体調の悪化に繋がることもあって厄介です。

では呼吸が浅くなる状態とは、スピリチュアル的な見方ではどういった解釈ができるのかを考えてみましょう。

「呼吸が浅い場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

健康な人の呼吸が急に浅くなるのは、心身のリラックスを司る体副交感神経の活動が低下している状態です。

根本的な原因は、過度の緊張やストレスなどが継続している場合が多くなります。

スピリチュアルに言えば、呼吸が浅いことは自分自身の存在やエネルギーが薄くなっていることの象徴です。

会社でミスを責められたり、周囲からイジメられたりして消えてなくなりたいような気持ちが続くと、やがて呼吸が浅くなり息苦しいなどの症状が出ます。

目眩や頭痛なども併発することがあり、ネガティブな気分に囚われるのも問題です。

「呼吸が浅い場合」のスピリチュアルメッセージ

もしいつもより呼吸が浅いと気が付いた時のメッセージは、「ストレスや緊張が続き過ぎているよ」「無理を続けないでね」というものです。

日常生活に差し障るので、すぐに対策を実行する必要があります。

「呼吸が浅い場合」のスピリチュアル的な解釈

正常な呼吸に戻すためには、幾つかの方法がありますが、精神と肉体の両面からのケアが必要です。

また呼吸が浅い状態を放置してしまうのは、複数の意味でとても危険な状態になっています。

「呼吸が浅い場合」いい意味での解釈

人と仲良くしたりポジティブな行動をすると、自分の治癒力が高まって、自然と呼吸が浅い状態が治っていくことがあります。

日頃からスポーツをしている人は呼吸が浅い状態になりにくいです。

体調がよい時に軽い運動をすると、体のマイナスなエネルギーも、ストレスも消すことができるはずです。

呼吸が浅くて息苦しいならば、肋骨や足つぼマッサージをやってみてください。

滞った血流や気力の流れを改善し、呼吸が楽になるので日課にするとよいです。

「呼吸が浅い場合」悪い意味での解釈

酸素不足に陥ることは心肺や脳の病気を招くことになって、やがて深刻な事態にもなりかねません。

呼吸が浅い状態を放置して何もしないのは、ネガティブに囚われているためです。

体調だけでなく仕事や人間関係の運勢についても、悪い方にばかり向かってしまうでしょう。

またストレス解消目的でカフェイン系のドリンクを飲む人もいますが、これも息苦しさに繋がるのでいったんやめてみるのがよいでしょう。

まとめ

なんだか呼吸が浅い状態陥っていたら、ストレス過剰なことの警告や、無理を続けてはいけないというメッセージでした。

呼吸が浅いとネガティブな気持ちや不健康を呼び込んでしまいます。

ストレスの原因を取り除いたり、リラックスを心がけて行きたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました