「喉が痒い場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「喉が痒い場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

体の中が痒くて、でも掻けなくてもやもやすることがありませんか?

そんな中でも喉の痒みを経験された方は多いのではないでしょうか?

そんな時、わざと咳払いをして、なんとか痒みを鎮めようとしたり、うがい薬で思いきり喉を洗ってみたりそんな思いをしたことはありませんか?花粉症の時期などであればアレルギーの可能性もあるでしょう。

また、前の晩にカラオケなどで思いきり喉を酷使したのが原因かもしれません。

しかし、喉は第五チャクラと言われるほど、エネルギーを秘めた場所でもあります。

もしかしたら、その痒みは何かのメッセージかもしれません。

「喉が痒い場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

喉は第五チャクラと言われるほど人体にとっては重要な場所です。

そのチャクラとは、人の体に7か所存在しており、心と体を結ぶ場所と言われます。

そして、その7か所にエネルギーをためることで初めて人が人らしく動くと思ってください。

けれど、もしそのエネルギーをためる場所に何らかの障害が発生した場合、恐らく人としてどこかがアンバランスになってしまうでしょう。

痒みや痛みは、その崩れてしまったバランスが酷くなる前に、私たちにしらせてきてくれるのです。

「喉が痒い場合」のスピリチュアルメッセージ

では、実際喉が痒い場合はどういったことを私達に知らせてきてくれているのか?それは喉の特徴を考えるとよくわかります。

私たちは声を発することで、意思表示をします。

その発している言葉に問題が生じた場合、喉の痒みによって、私たちに知らせてくれているのです。

「喉が痒い場合」のスピリチュアル的な解釈

喉が痒い時のスピリチュアル的なメッセージとは、私たちが無意識に発言してしまっている言葉について、警告を出しているのです。

何気なく言った一言が相手には余計な言葉に聞こえている可能性があります。

また逆に、言いたいことを抑えすぎて、我慢しすぎている可能性もあります。

本心は違うのに、気を使いすぎて、相手に合わせたことばかりを発言してしまうことがありませんか?言葉はコミュニケーションをとる手段としてはとても有効です。

然しその言葉で相手を不愉快にさせる場合があります。

発言には十分気を付けて。

自分の言ったことに責任を持つことが大切です。

「喉が痒い場合」いい意味での解釈

言霊という言葉があるように言葉には魂が宿ります。

あなたの発言一つで大きく物事が変わります。

喉が痒くなった場合、自分の発言や行動などに気を付けると、物事がいい方向へ進んでいくかもしれません。

「喉が痒い場合」悪い意味での解釈

アレルギーや病気的なこともあります。

あまりひどくなるようなら、医療機関を受診してください。

まとめ

喉は人体の中でも重要な場所です。

是非大事にうまく付き合って行ってください。

タイトルとURLをコピーしました