「喪中神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「喪中神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ある日に喪中神社に参拝して、しまったと思った経験はあるでしょうか。

世間では喪中に神社に参拝するのは良くないと言う人もいるので、スピリチュアル的にも運気を下げると思うとがっかりです。

しかし実は喪中に神社に参拝することは決して絶対的に駄目なわけではありません。

この点を詳しく探ってみることにします。

「喪中神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

喪中というのは故人の死から1年以内のことで、仏教では家族は穢れていると言われています。

忌中(四十九日以内)を過ぎているなら、神社に訪れることは絶対に駄目とは言われません。

ただし死の直後から忌中の神社参拝はご法度になりま。

仏教では故人は四十九日目に生まれ変わりを迎えるとあるので、ずっと法要を続ける期間です。

その期間は神道では家族を完全に穢れとして見ており、忌み嫌って参拝は厳禁だという神社がほとんどになります。

「喪中神社」のスピリチュアルメッセージ

忌中(四十九日)より後の喪中に神社に参拝する場合、「穢れていないのでご利益を授けるよ」とメッセージを受けことになる神社が多いです。

しかし喪中の中でも忌中の時期に神社に訪れることは、「神さまのご利益を得られず良くないことになるよ」と伝えられているかもしれません。

「喪中神社」のスピリチュアル的な解釈

あなたが喪中でも参拝できる神社を見つけたら、そこが特別な存在になるかもしれません。

気をつけたいのは忌中に参拝することで、人によっては人生が暗転するかもしれないので要注意です。

「喪中神社」いい意味での解釈

もし神社に問い合わせて、四十九日後の喪中でも参拝可能だと知らされたなら、そこはあなたにとってラッキーな神社になります。

そして例え喪中であってもご利益が受けられた神社は、あなたにとっての産土神社のようなものです。

喪が開けた後もずっと参拝を続けることで、ご神徳を受け続けることができるでしょう。

「喪中神社」悪い意味での解釈

喪中どころかうっかり忌中に神社に参拝してしまった場合、人によっては神社の邪気を祓う力によって、忌中の人に良くないことが起きると言われています。

いわば神社の神さまの呪いであり、例えば体調不良や人間関係のトラブルやなどネガティブなことが起こりがちです。

忌中の悪運を避けるためには、神社の外でお祓いを受けたり、運気を上昇させるアイテムを身につけるのが対策になります。

まとめ

どこかの神社に喪中に参拝することは、忌中(四十九日)の前か後かによって、大きく結果が左右されることがわかりました。

そして四十九日後ならばご利益を得られる神社は多いようです。

しかしくれぐれも、忌中の神社参拝には気をつけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました