PR

「土曜日」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「土曜日」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

土日休みの場合、「土曜日」は翌日にも休みがあり、一番リラックス出来るタイミングです。

スピリチュアルな観点からは、どのような意味があるのでしょう。

ここでは、「土曜日」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「土曜日」のスピリチュアルでの象徴や意味

曜日は古代バビロニアから派生し、東洋では陰陽五行説の陰陽(月日)、五行(火水木金土)と対応したと考えられています。

「土曜日」は土を象徴するため、火によって燃えた灰より生じ、木から養分を奪われ、掘られる事で金を生じ、水を吸い取ってなくしてしまいます。

そのまま、土や地面とも縁が深いため、ガーデニングやアウトドアなどにも、相性が良い火です。

「土曜日」のスピリチュアルメッセージ

「土曜日」を迎える時の気持ちにメッセージは顕れます。

「土曜日」の予定を立てる時や、何かでふと連想する時もメッセージです。

「週末」とだけ漠然と考える場合については、言霊も伴わず、メッセージになりません。

「土曜日」のスピリチュアル的な解釈

「土曜日」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「土曜日」いい意味での解釈

「土曜日」の訪れによって、疲労感、身体の重み、温かみ、外に出たい気分などがあれば良い意味です。

疲労感は、活動性を顕す火が充分働いたという顕れです。

平日に働き、休日にしっかり休むというサイクルが、バランス良く出来上がっています。

外に出て土に触れたくなるのは、大地からの気の流れや、それと相性の良い日に気付く感性が、きちんと保たれている顕れです。

「土曜日」悪い意味での解釈

「土曜日」の訪れで、元気溌剌とした感じ、そわそわ落ち着かない、怒りっぽい、苛立ち、金銭を浪費したくなるといった場合、悪い意味です。

1週間を通じたバランスが崩れており、火は燃え残り、生み出す金は不十分で、水による生命力が無闇に顕れ、土で受け止められていません。

休みに妙に元気を残していますが、その分仕事で何も成し遂げておらず、充実感は薄い状態です。

今ひとつ手応えのなかった週になりましたが、あまり深刻に考える必要はありません。

今週は今週として区切って考え、翌週仕切り直すつもりで取り組みましょう。

まとめ

「土曜日」は、土を象徴します。

良い意味としては、平日にしっかり働き、休日に休むサイクルが出来ており、大地の気を感じる感性も保たれている状態です。

悪い意味としては、不完全燃焼で週を終えてしまった状態です。

あまり深刻に考えず、仕切り直して翌週に取り組みましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする