「塩分が欲しくなる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「塩分が欲しくなる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

時々いつもより、しょっぱい食べ物が欲しい時がありませんか?

健康に悪いと言われながら、塩味の強い料理を求めてしまったり、深夜に煎餅を食べてしまったり。

塩には体の組織を維持する役割があり、疲労を回復したり精神を正常に保つ役割もあります。

そのため塩分が欲しくなることは、スピリチュアル的に言っても心と体に関わる無視できない意味をもっているのです。

「塩分が欲しくなる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

人が塩分を求めるという現象とは、簡単にいえば心身の異常が出ている象徴的な出来事です。

心にはストレスが溜まった状態で、イライラした気分が抜けないこともあります。

身体的に言えば低ナトリウム症を起こした状態であり、疲労が高まり頭痛などの体調不良も発生することがあるでしょう。

スピリチュアル的に言い換えれば塩が欲しいのは心身に邪気が溜まっていて、波動が低下し運気も下降線をたどっている状態です。

だからしょっぱいものを食べたくなるのは、無意識的に心身を正常化したいことの現れであり、波動や運気を高めたいことも示されています。

「塩分が欲しくなる時」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが塩辛いものが欲しくなったら、「塩分によって心身の正常な状態を取り戻して」「体を浄化して波動を高めて」というメッセージです。

だからしょっぱいものを食べたい気持ちを無視してはいけません。

「塩分が欲しくなる時」のスピリチュアル的な解釈

きちんと健康に配慮した塩分量にすることは、とても重要になります。

塩分濃度が高過ぎれば悪い流れが進むし、低過ぎても改善の効果を期待できないためです。

「塩分が欲しくなる時」いい意味での解釈

適度な塩分によって身体の正常化が進み、身体エネルギーや心の安定をはかり、運気を高めることに繋がります。

美味しくて健康なメニューによって塩分を摂ることは、心を安定させたり運気を上げる上では重視したいことです。

また塩分を多めに摂ってしまった場合でも、緑茶などで水分を十分に摂っていれば中和され、健康の害は食い止められます。

そしてストレスを感じたり疲労が強い時には食べることだけでなく、お湯に岩塩を入れる塩風呂に入浴することによって、邪気を消して健康になり、波動を高めることにもなるでしょう。

「塩分が欲しくなる時」悪い意味での解釈

とは言え塩分が欲しいとは言っても、過剰摂取をすれば高血圧になったり心臓や腎臓に負担をかけます。

そうすると魂の波動も低下し運勢も良くないほうに向かってしまうので気を付けてください。

また塩分が欲しい時にはストレスの解消が重要で、運動をしたりリラックスできることをやってみることが良いでしょう。

まとめ

ある日いつもより塩分が欲しくなったら、それは心身の健康を取り戻したり、浄化して波動を高めるべきだというサインになっていました。

塩分によって、疲労やイライラの問題は解消されるはずです。

しかししょっぱいものは、適量にすることを心がけてください。

タイトルとURLをコピーしました