PR

「声が好きになれない人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「声が好きになれない人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

生理的に受けつけない人もいます。

声が好きになれない人のジンクスを調べていきましょう。

「声が好きになれない人」のスピリチュアルでの象徴や意味

見た目は嫌いではないのに、声がぱっとしない人もいます。

ダンディな声を想像していたのに、甲高い声で話されると百年の恋も冷めてしまうかもしれません。

スピリチュアルの世界で声が好きになれない人は「合わない人」をあらわします。

別の言い方をすると、相性があまり良くない人を指します。

声帯というのは、五感に働きかけてくれる楽器のようなものです。

バイオリンのように美しい音色がすると、とろんとして眠くなります。

反対に金属がこすれ合うキーンとした音がすると、耳を塞ぎたくなります。

「この人の声が苦手だな」と思うのは、あなたの感性に合わないからです。

「声が好きになれない人」のスピリチュアルメッセージ

この世にはロックを聴いて「最高」と思う人もいれば、クラシックを聴いて「最高」と感じる人もいます。

好きなジャンルやアーティストの音楽があるように「好きな声色」も人それぞれ差があるものです。

もしあなたの周りに声が好きになれない人がいるのなら、それはあなたと波長が合わないということ。

あなたの心の琴線に触れる音が「その人の声ではない」ということです。

一方でいっぱい探してみれば「この声が好き」という人も出てきます。

嫌いな声があるように、好きな声もきっとあるもの。

次回はぜひ、あなたの好きな声を探してみてください。

恋愛につながる、いい出会いになっていきます。

「声が好きになれない人」のスピリチュアル的な解釈

気になる声の人もいます。

いいお知らせと注意点を見ていきましょう。

「声が好きになれない人」いい意味での解釈

音に敏感になっている時は「運気が好転しているサイン」である場合も。

感覚が研ぎ澄まされていると、いつもより物音や話し声に過敏に反応することがあります。

いつもは気にならない「他人の声」が気になったら、運気が上がっている最中です。

この後の「いいこと」に期待して、明るく過ごしていきましょう。

「声が好きになれない人」悪い意味での解釈

お付き合いしたのに「やっぱり声が受け付けない」と思うことがあります。

それでもあなたが「その人の性格やルックスが好き」と思い愛していけるのであれば、交際を進めてみること。

中身を重視していくうちに、耳障りだった声色が気にならなくなることもあるからです。

ひとつの欠点だけを見てすべてを「無し」にしようとせず、冷静に考えていきましょう。

まとめ

声が好きになれない人のジンクスを見てきました。

好きなジャンルの音楽があるように「声」にも好みは存在します。

いいお知らせを知って、恋人選びのヒントにしてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする