「夏至」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「夏至」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

1年の中で特別な日と言えばお正月や誕生日などがありますが、6月22日頃の夏至も特別な日の1つです。

古来より二十四節気の10番目に数えられた夏至は、1年の中で北半球でいちばん昼間が長い日となっています。

それだけに夏至には特別なスピリチュアル的な意味があるようです。

「夏至」のスピリチュアルでの象徴や意味

6月22日頃の夏至とは、太陽のエネルギーが1年でいちばん強くなる日です。

風水では夏至を境界として、地球の気の流れは陰から陽に転換するとされています。

夏至の日にはどんな人でも、能力や運気が上昇しやすいとのことです。

中国では夏至の前後は天地の神である天一神が支配するため、吉日が続くと信じられてきました。

また欧州のほうでは夏至の頃に運命の出会いがあったり、恋に落ちるという伝承が各地に残されています。

日本で信仰されてきた太陽神、天照大神の力がもっとも強くなるのも夏至の頃です。

「夏至」のスピリチュアルメッセージ

あなたが夏至の日を迎えたら、「いつもより能力や運気が上昇しているよ」「運命的な出会いが期待できるよ」というメッセージです。

そんな幸福をもたらす、夏至の日を活かしてみるべきでしょう。

「夏至」のスピリチュアル的な解釈

これから夏至を迎えたら、然るべき行動を起こすことによって大きな幸福を掴み取ることになります。

しかし間違ったことをすれば、夏至ならではの幸福に巡り合うことはできないかもしれません。

「夏至」いい意味での解釈

日が長い夏至の頃に目標を立てて、チャレンジしてみることで成功を引き寄せやすいとされています。

それは仕事、勝負、恋愛など、どんなことでも構いません。

特に恋愛には良いとのことで、出会いを求めてみたり気になる人をお誘いするなどがおすすめです。

また夏至の頃の朝日を目にすることで、そのエネルギーを浴びて波動を高めて邪気を払い幸福を招くことになります。

たまには早起きして、朝日を拝んでみるのがよいです。

「夏至」悪い意味での解釈

もし夏至の日に行動を起こさなければ、ラッキーなことも出会いとも程遠いことになるかもしれません。

また夏至の時は日が長いので、活動的な人はエネルギーの消耗が増えやすくなります。

そうすると疲れやすくなったり、イライラが募ることもあるので注意が必要です。

まとめ

6月にやってくる夏至とは、能力や運気を高めて、恋愛運も上昇する特別な時でした。

夏至の時期に何かにチャレンジをしてみてください。

それが成功すると、きっと人生の流れも良くなるはずです。

タイトルとURLをコピーしました