「外出が疲れ時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「外出が疲れ時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

外にいるだけで、気分が悪くなることがあります。

外出が疲れる時のジンクスを見ていきましょう。

「外出が疲れ時」のスピリチュアルでの象徴や意味

買い物やコンサート、イベントに出かけて疲れてしまう場合があります。

人混みに出かけて心身共にヘトヘトになるのは、多くの人のエネルギーを受け取っているからです。

家族や恋人とは違い、街中には多くの不特定多数の人であふれています。

陽の気を持った人もいれば、陰の気を持った人もいます。

人が多いスポットは、こうした様々なエネルギーが交錯しています。

その波動を敏感に感じ取ると、何もしていないのに「早く帰って横になりたい」と思うことがあります。

「外出が疲れ時」のスピリチュアルメッセージ

お出かけが疲れてしまうのは、あなたがエンパシーの高い人だからです。

エンパシーというのは、共感力のこと。

怒ったり泣いたりする、心の波動に敏感な人です。

他人の心の声がどんどん入ってきてしまうので、人混みに行くと大きなエネルギーを消耗します。

もしお出かけ先で苦痛を感じたら、予定を早めに切り上げて無理をしないことも大切です。

また電車やショッピングモールの混み合う曜日や時間帯を避けることで、こうした嫌な気分を予防することもできます。

ただエンパシーがあるのは一種の才能です。

人の気持ちがまったく分からない人より、敏感すぎる人の方がはるかに人間らしいはずです。

優れた力をぜひ良い方に考えてあげてください。

「外出が疲れ時」のスピリチュアル的な解釈

外出が疲れてしまう場合の、いい意味と悪い意味を両方見ていきましょう。

「外出が疲れ時」いい意味での解釈

お出かけが疲れてしまうのは、周囲にいる人たちの思いを吸収してしまうからです。

けれどもその中の気には、ポジティブで明るいオーラも含まれています。

家にいる時は暗かったのに、出かけた後に元気になれたというのは、外出時に「こうした良い気」も貰っているからです。

「外出が疲れ時」悪い意味での解釈

外出でしんどい思いをするのは、不特定多数の人からマイナスの波動を貰っているからです。

怒りや妬み、愚痴といった気は、陰の力を持っています。

影響力が大きいので電車やバスで移動するだけで、そうした気が移ってしまうことがあります。

もし体調の異変を感じたら無理をしないで、早めに自宅に帰ってみましょう。

帰宅して自分の部屋で寛いでいれば、いつもの調子が戻ってきます。

まとめ

出かけるのが辛いときのジンクスを見てきました。

このような場合は、共感力が強く、多くの刺激を受けている可能性があります。

一方で他人から元気を貰えることも多いので、前向きに考えてあげてください。

生き方のヒントになることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました