「大宮八幡宮」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「大宮八幡宮」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

もし東京の杉並で神社のご利益を得たいとなれば、大宮八幡宮を訪ねてみることです。

お花見で有名な和田堀公園のそばの神社は武蔵国三大宮の1つで、平安時代に源頼義により創建されました。

多摩の大宮、東京のへそとも呼ばれる大宮八幡宮の、スピリチュアルな力についてお伝えします。

「大宮八幡宮」のスピリチュアルでの象徴や意味

本殿で主祭神となっているのは品陀和気命(ほむだわけのみこと)で、応神天皇や八幡神と呼ばれます。

そしてその父である仲哀天皇こと帯中津日子命(たらしなかつひこのみこと)、母である神功皇后こと息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと) を合わせて八幡三神と呼ばれて来ました。

この神社は子育てや安産のご利益が高いことで知られ、厄除けや縁結び、復縁のご利益までもあります。

また創建の由来では、八条の白雲を見た源頼義が戦いに勝利すれば神社を建てると誓いって、それを実現できたとの話が伝わります。

そのため武運や勝ち運を祈願するにも良いところです。

「大宮八幡宮」のスピリチュアルメッセージ

もし杉並の大宮八幡宮に参拝したいと思ったら、「子供と無事に幸せに過ごせるよ」とか「良い縁があるよ」「復縁ができるよ」というメッセージです。

開運や人生の好転には最適となります。

「大宮八幡宮」のスピリチュアル的な解釈

約1万4000坪もある境内には幾つもの見どころがあって、それぞれでご利益を高められることになります。

しかし大宮八幡宮には、ちょっと怖い話もあるので気を付けてください。

「大宮八幡宮」いい意味での解釈

本殿の背後にある大宮天満宮は、天神さまこと学問の神さまの菅原道真を祀る神社です。

参拝すると頭が良くなり、試験にも合格できると信じられています。

大宮稲荷神社に参拝することで、商売繁盛や金運などあらゆるご利益があるとのことです。

さらに多摩清水乃社は水神様の神社で、多摩の大宮水や延命祈祷水と呼ばれる御神水の場所。

お水取りをして料理や飲み物に使うと、邪気を払ってご神徳を得ることになります。

御神木の男銀杏と女銀杏は、夫婦円満や縁結びを叶える木とされているので触ってみてください。

また共生(ともいき)の木は、かやの木に犬桜が寄生した奇跡的な樹木で、縁結びの御利益があると言います。

結婚式場(清涼殿)のそばの、なでると幸福がおとずれる蛙も見逃せないところです。

「大宮八幡宮」悪い意味での解釈

10年以上前から、大宮八幡宮には小さいおじさんがいると噂になり、メディアで取り上げられていました。

幸せをよぶ小さいおじさんと言いますが、実際に見えたら恐怖を感じるかもしれません。

またかつて大宮八幡宮で罰当たりなことをした人が、祟られて頭がおかしくなってしまったという話があります。

昔から八幡神や天神はありがたい反面で怖いと言われる程なので、悪意を持って訪れるのはご法度です。

まとめ

緑いっぱいの大宮八幡宮は、子育てや安産、縁結びや復縁にも良いところでした。

境内はご利益の高い見どころが多く、小さいおじさんまでいると言うから興味が尽きません。

お近くの人はぜひ観光で訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました