PR

「大山咋神」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「大山咋神」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

古来より京都で信仰されてきた、大山咋神(おおやまくいのかみ)をご存知ですか。

この神さまは山の神とは言いますが、じつはそれだけではありません。

スピリチュアル的に見ても効果が高いという、大山咋神の本来の役割とご利益について詳しく解説します。

「大山咋神」のスピリチュアルでの象徴や意味

「古事記」によるとこの神は元々は近江国の日枝山(比叡山)に起源があり、大津市の日吉大社が大山咋神の総本社と伝わっています。

「くい」とは杭であり、大きな山に杭を打つということで山の地主神だといいます。

山は水を生み出すところであり、農業や水源を守る重要な神さまでした。

大山咋神は丹塗の鳴鏑(なりかぶら)という音が出る矢に姿を変えて、京都の玉依姫に出会って子供をもうけたと伝わります。

そのことから縁結びの御利益もあるとのことです。

また大山咋神は厄除けや方位除けの力が強いと知られています。

「大山咋神」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが大山咋神を拝みたくなったら、「縁結びがもたらされるよ」とか「悪いことを除け幸福を得られるよ」とのメッセージです。

また「山の恵みが得られるよ」などメッセージもあります。

「大山咋神」のスピリチュアル的な解釈

今から大山咋神の神社にお出かけしてみるのが一番です。

そして大山咋神の神社では確実にやっておきたいこともあるので、試してみてください。

「大山咋神」いい意味での解釈

まずは近くにある、大山咋神の神社を調べてみてください。

京都の松尾大社、日枝神社、日吉神社、山王神社など各地にあります。

総本社である滋賀の日吉大社に行くと、ご利益がとても高いと言います。

大山咋神のお守りを手に入れることで、そのご神徳をずっと維持することができるでしょう。

特に注目したいのが、大山咋神の眷属である「まさる」のお守りです。

まさるは魔去るや勝るなどに関連づいており、厄除けと勝運がとても強いものになります。

また大山咋神を祀る山に登る前には、この神に参拝してみると良いです。

そうすると山の中での災害に合わないことになります。

「大山咋神」悪い意味での解釈

もし大山咋神が何の神であるかを知って参拝しなかったら、ご利益は得られないかもしれません。

また大山咋神の山で参拝しなければ、山の安全は得られないかもしれないので気をつけましょう。

まとめ

比叡山の大山咋神とは、縁結びや厄除けや山の安全が得られる、ありがたい神さまでした。

全国に大山咋神を祀っている神社は数多くあります。

機会があれば、総本社である日吉大社にも参拝してみてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする