「大群」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「大群」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

大群とは何らかの生き物が、寄り集まって行動していることを表す言葉です。

最近になって、市街地や自然の中で、何かの動物の大群に遭遇していませんか?カラス、バッタ、トンボなどなど。

その大群との出会いにはスピリチュアルな意味があって、あなたの人生にメッセージを与えてくれている可能性があります。

「大群」のスピリチュアルでの象徴や意味

何かの大群が現れた場合、種類によっては不吉なことが起きる前触れと言われています。

それは単体では縁起がよいとされる動物であってもです。

大群を見たら警戒感を強め、慎重に行動をするべきことが現れています。

しかし大群の種類によっては神さまの使いであることがあり、近い将来の良い出来事を示す現象と言われるものです。

それは総合的な幸福が舞い込むこと、恋愛運や対人運の高まりなどの現れになります。

また特定の大群がお盆の時期に現れた場合には、先祖霊があの世とこの世を行き来する姿とも信じられて来ました。

「大群」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが何かの生物の大群に遭遇することがあったら、ネガティブな種類では「良くない出来事が起きるから気を付けて」のメッセージです。

逆にポジティブな種類では「運気上昇しているよ」「良いことが起きるよ」というメッセージになります。

「大群」のスピリチュアル的な解釈

身近で遭遇しやすい動物の種類は限定的ですが、その大群がどんな種類かによりもたらされる影響は違っています。

ポジティブな大群なら良いですが、ネガティブな大群は生命の危険も示すので要注意です。

「大群」いい意味での解釈

何処かでスズメの大群に遭遇することもありますが、それは人間関係や恋愛にも関係し、幸福やチャンスが到来している状況だと解釈ができます。

平和の象徴であるハトの大群の場合、順調に過ごせていることの現れであり、運気上昇をしているので良いことも起こるかもしれません。

トンボの大群は幸福の象徴であり、嬉しいことが起きる前兆になることがあります。

鳴き声がやかましいセミの大群の場合、大きな成長の予兆が示された状態です。

そしてバッタが大群でいる姿は、その場所の波動やエネルギーの高まりを示すと言われています。

「大群」悪い意味での解釈

カラスの大群に出会った場合には、トラブルや災厄の前触れとまことしやかに語られています。

ハエが大群でいるならば、健康面での問題が示されているようです。

これは蛆虫やコバエでも同様になります。

不快な毛虫の大群を目にしたなら、大きな変化が示されているかもしれません。

藪蚊とは血を吸う厄介な存在ですが、それが大群でいることはトラブル多発のサインになります。

スズメバチの大群とは生命の危険が迫っていることの現れで、すぐに逃げるべき状況に置かれる暗示かもしれません。

まとめ

何かの動物の大群は、種類によって危険や幸福などが起きる前触れとなっていました。

良い意味の大群なら大歓迎ですが、不吉な大群は避けたいもの。

しかしどんな大群に出会ってもその意味を注意深く読み取って、人生に活かして行くことが大切になります。

タイトルとURLをコピーしました