「大黒様」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「大黒様」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

古来より庶民が信仰されてきた大黒様は、誰もがご存知の神さまです。

じつは元はヒンドゥ教のシヴァ神の化身だったマハーカーラ(大黒)であり、青黒い体色と4本の腕と険しい表情でした。

しかし日本に入ってから、福袋を背負って打ち出の小槌を持つ温和な姿となりました。

そんな大黒様が持つスピリチュアルな威力について、詳しく知ってみることにしましょう。

「大黒様」のスピリチュアルでの象徴や意味

マハーカーラは戦いの神であり、財産と福徳をもたらすご利益で知られていました。

しかし日本に密教を通じて大黒天が入ってからは、「だいこく」で共通することで大国主神と習合し、七福神の1柱となり独特な神格を持つに至りました。

大黒様とは豊穣や食べ物や財産をつかさどる神さまであり、さらに商売繁盛や縁結びや出世のご利益があるとして全国に信仰を広めていったのです。

「大黒様」のスピリチュアルメッセージ

もし何処かで大黒様に拝むことができた場合、「食べ物には困らなくなるよ」とか「お金が増えて幸せになるよ」というメッセージがあります。

そして縁結びなどの「願いが叶えられるよ」ということも伝えられて実現するので、運勢を変えたい人にはぴったりです。

「大黒様」のスピリチュアル的な解釈

ありがたい大黒様のご利益を得るならば、拝むだけでなくて他の方法も試してみると良いです。

お金をかけてご利益を得ることはもちろん、すぐにできる方法までも存在しています。

「大黒様」いい意味での解釈

各地にある大黒様の神社仏閣を参拝することは、あらゆる良いものを取り込む方法です。

例えば大阪の大黒寺、東京の神田明神などが知られたところで、全国のあちこちに存在します。

大黒様の真言を唱えることによって、厄除けなどのご利益を貰えるとのことです。

その真言とは「オン マカキャラヤ ソワカ」で、身を清め心を整えてから口にしてみてください。

また大黒様のお御札やお守りは、常に身につけたり部屋に飾り付けることもおすすめです。

大黒様の像を家に飾ることは、常に信仰心を高めご利益を得ることに繋がるので試してみてください。

「大黒様」悪い意味での解釈

もし大黒様の像を自宅や店に飾る場合なら、ホコリまみれにしてしまっては運気を低下するのみです。

定期的にお掃除をするのが大切になります。

また大黒天をシヴァの化身として見た時、大黒様を乱暴に扱えば破壊的な天罰が下ると解釈できるので粗末にしてはいけません。

まとめ

古代から人気だった大黒様とは、食べ物やお金に困らなくなり、縁結びなど色んなご利益を授けてくれるありがたい神さまでした。

大黒様のご神徳を得られたら人生が好転することが期待できます。

お近くの大黒天のお寺を訪ねてみたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました