PR

「天体」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「天体」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「天体」とは、広義には宇宙空間にあるあらゆる物質の事です。

狭義には、天を仰いだ時に見える、雲より上、地球外の星々を顕し、こちらが直観とも合うでしょう。

「天体」は、暦や星占いなど、スピリチュアルの面に大きな影響を与えるものです。

ここでは、「天体」そのもののスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「天体」のスピリチュアルでの象徴や意味

「天体」の認識は、天動説の時代と地動説の時代で大きく異なります。

天動説では、「天体」は一層または多層の天蓋に貼り付いたものといったイメージでした。

地動説が主流になってようやく、それぞれが惑星や恒星といった実体を持つものとして認識されたのです。

天動説で説明出来なかった天体からの影響は、重力や電磁波といった物理現象として説明可能になりました。

遠く離れているため微かなパワーですが、至る所に満ちており、質量に依存しないスピリチュアルの領域では様々な影響を与えている可能性が考えられます。

「天体」のスピリチュアルメッセージ

「天体」と接する時の感情にメッセージは顕れます。

「天体」による暦や、占星術といったものを通じて伝わる場合もありますが、そちらはより複雑で、独自発展しているため、ここでは省きます。

「天体」のスピリチュアル的な解釈

「天体」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「天体」いい意味での解釈

「天体」への興味関心が深く、星の観察の趣味があったり、天文の研究を仕事にしているなら良い意味です。

また、そこまでの興味はなくても、星を見上げたとき、手を伸ばせば届く感じ、いつも同じ星が見える、美しさを感じる、畏怖と温かみなどがあれば、こちらも良い意味です。

「天体」との親和性が高く、降り注ぐエネルギーを受け止め、自分のパワーによく換えられています。

「天体」悪い意味での解釈

「天体」に接した時、奈落に落ちる感じ、押し潰される感覚、凍える冷たさ、絶望を伴う孤独感などがあれば悪い意味です。

感受性が低下しており、「天体」からのエネルギーを感知出来ておらず、空を虚無や奈落と認識しています。

これは、いくつかの理由が考えられますが、日頃のストレスでダメージを受けないよう、感性を意図的に鈍らせている場合があります。

一時的な回避には良いですが、常習化すると必要なものまで感じられなくなってしまいます。

このような時は、ストレス源から距離を取る事で、改善していくでしょう。

まとめ

「天体」は、微細ながら緻密で、スピリチュアルな影響を与えるものです。

良い意味としては、「天体」からのエネルギーをよく受け止めている状態です。

悪い意味としては、日頃のストレスにより、感受性を鈍らせている状態です。

このような時は、ストレス源から距離を取りましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome