「天栄村」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「天栄村」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

癒しを求めているなら、福島の天栄村を訪ねてみてください。

天栄村は福島南部の奥羽山脈にいだかれた高原地帯にあり、人口は5,000人にも満たない小さな村です。

まだ見ぬ天栄村の観光をしてみれば、スピリチュアルな効果を得られるに違いありませんよ。

「天栄村」のスピリチュアルでの象徴や意味

天栄村は豊かな森林を蓄えており、自然と一体となる中で波動を高められるところです。

山の森林や巨樹、湧き水や滝、歴史ある神社などは、訪れる人々にスピリチュアルなエネルギーを与えてくれます。

また村内は温泉や道の駅など、癒やされながら過ごせる観光地も充実です。

そのため天栄村を訪れることは日頃のストレスを解消し、魂と心のリフレッシュができることを意味しています。

「天栄村」のスピリチュアルメッセージ

もしある時に天栄村を訪れることになったら、「疲れた心身をリフレッシュすべきだよ」「波動を高めて気力を充実させて」などのメッセージです。

そのお導きを受けたら、訪ねてみるのが吉となります。

「天栄村」のスピリチュアル的な解釈

村内には数々の魅力ある観光名所があり、その中にはご利益をもたらしてくれるパワースポットが存在しています。

おおむねポジティブなスポットばかりですが、天栄村にはちょっと怖い場所もあるようです。

「天栄村」いい意味での解釈

東部で訪れてみたいのが、豊香島神社です。

1444年に須賀川氏の家臣である浅賀氏により創建された神社で、武甕槌命(たけみかづちのみこと)を祀るために厄除けや武運をもたらすと信じられてきました。

また役場のそばには枝垂れ桜の巨樹があり、小林家は樹齢270年、大方寺は樹齢300年を誇ります。

見頃の4月上旬に行けば癒やしを得られるに違いありません。

中央部には天然記念物の涌井の清水があり、絶えることなく砂が湖底から浮き上がる神秘的な光景が見られます。

西部の湯本温泉は9世紀からの歴史ある温泉で、幾つかの旅館が利用できる処。

含土類石膏食塩泉は様々な病気を治すとのことで、湯治におすすめです。

村のシンボル二岐山(ふたまたやま)はダイダラボッチ伝説もある火山であり、大地のエネルギーを充電できます。

そして鍋がご神体の御鍋神社では樹齢500年のサワラからパワーを得られ、近くの二岐温泉が癒やしてくれるでしょう。

「天栄村」悪い意味での解釈

むかしから涌井の清水には人々に危害を加える大蛇が住むと言われ、魚を釣ったり池をかき回したりすると、洪水が起きるとして恐れられてきました。

そのため今でもそのような行動をするのは、悪運を招くのでご法度であるとされています。

まとめ

自然いっぱいな天栄村は、波動を高めて心身をリフレッシュするにはぴったりなところでした。

自然の名所が多い他、キャンプもスキーも楽しめるし、ブリティッシュヒルズや道の駅といった名所も存在します。

プランを練って、天栄村の観光にお出かけしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました