PR

「太陽柱」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「太陽柱」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

太陽は雲や大気の加減などで様々な姿を見せますが、「太陽柱」もその1つです。

太陽へ、光の柱が延びているように見える現象で、「サンピラー」とも呼ばれます。

美しくもあり、不気味でもある現象ですが、スピリチュアル的にはどんな意味があるのでしょう。

ここでは、「太陽柱」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「太陽柱」のスピリチュアルでの象徴や意味

「太陽柱」は、主に寒冷地で見られる現象で、板状の氷晶が地面と水平になる事で、太陽を映し、それが柱状の光に見えるというものです。

「太陽」は、生命力や浄化を象徴します。

一方、「光の柱」はエネルギーの上昇という意味になります。

従って「太陽柱」は、生命に関わる大きなエネルギーの上昇を象徴しています。

一方、エネルギーの流出という解釈も可能です。

「太陽柱」のスピリチュアルメッセージ

「太陽柱」出現の目撃が、メッセージを受け取った事になります。

現実で起きているものを肉眼で見る他、画像や映像、夢の中で見ても構いません。

別の光を見間違えた場合も、あなたが直観で「太陽柱」を見たと思うならそれはメッセージです。

「太陽柱」のスピリチュアル的な解釈

「太陽柱」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「太陽柱」いい意味での解釈

あなたの運気が上昇しており、ほとばしるほど生命力が溢れている状態と解釈出来ます。

通常は見送るようなチャレンジにも積極的に取り組んでいけるでしょう。

今まで悪い事が続いていた場合、それをもたらしていた悪意が浄化されていく事を予見しています。

「太陽柱」悪い意味での解釈

「太陽柱」を見て、極端に強い不安を感じたり、不気味に思う場合は、悪いメッセージと解釈できます。

特に、夕日の場合、エネルギー流出の意味に繋がりやすく、運気や生命力が失われていく兆候です。

一方、エネルギーを受けている場合でも、大きすぎるエネルギーが他者を圧倒し、多くの敵が出来ているとも解釈出来ます。

成功者が多少嫌われるのは仕方ありませんが、程度によります。

ただし、まだ悪い事は起きていない段階ですから、回避は可能です。

現在、誰かに反感を与えていないか、多少運気が失われただけで困るような、不安定な勝負ばかりしていないか、自分を見つめ直す事で、状況を好転させる事も出来るでしょう。

まとめ

「太陽柱」は、生命力や運気の上昇や流出を象徴します。

良い意味としては、運気の上昇や、生命力の充実と解釈できます。

悪い意味としては、運気の流出や、上がりすぎた運気により、周囲に反感を与えていると解釈できますが、自分を見つめ直す事で、好転させる事も可能でしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome