「好きじゃないのにドキドキする人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「好きじゃないのにドキドキする人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

恋愛感情はないはずなのに、緊張する人もいます。

好きじゃないのにドキドキする人のジンクスを見ていきましょう。

「好きじゃないのにドキドキする人」のスピリチュアルでの象徴や意味

好きなタイプではないのに、その人がいると気になってしまうことがあります。

通り過ぎるだけで胸がキュンと苦しくなったり、顔が真っ赤になったりします。

スピリチュアルの世界で好きじゃないのにドキドキする人は「前世でつながりがあった人」をあらわします。

ヨーロッパの街に住んでいた幼なじみかもしれないし、アメリカで暮らしていたカップルかもしれません。

手を繋いだりハグしたりする「特別な関係」にあった時に、現世でもその記憶がよみがえって、気になることがあります。

「好きじゃないのにドキドキする人」のスピリチュアルメッセージ

その人がいるだけで、切ない気持ちになることもあります。

心臓がドクドクと高鳴って、恋愛感情に似た気持ちも湧いてきます。

相手の何も知らないのに、こうした不思議な心理になるのは「前世でカップルや夫婦だったから」です。

ロミオとジュリエットのように悲恋を体験したカップルの場合も、こうした気持ちに包まれることがあります。

魂には前世の体験が刻まれているため、出会った瞬間にはげしく興奮してしまうのです。

あなたと幸せな時間を過ごしてきた、大切な人をあらわします。

「好きじゃないのにドキドキする人」のスピリチュアル的な解釈

気になる人のいいお知らせと、注意点を見ていきましょう。

「好きじゃないのにドキドキする人」いい意味での解釈

こうした気持ちになる時は「運命の相手」であるケースも。

将来結ばれる人と出会う時に、恋のアンテナが反応して、お知らせしてくれることがあります。

今はまだ「好きではない」と思っていても、今後の展開によっては大きく変わっていく可能性もあります。

可愛い恋の始まりを、ぜひ楽しんでみてください。

「好きじゃないのにドキドキする人」悪い意味での解釈

つい危険な香りの人に、惹かれてしまうことがあります。

「刺激が欲しい」「火遊びをしたい」と思っていると、前世で関わりがなくても、こうしたタイプの人を追いかけてしまうことがあります。

本当に好きになってもいい人か確かめながら、素敵な結論を出してみてください。

まとめ

好きじゃないのにドキドキする人のジンクスを見てきました。

不思議な気持ちになるのは、前世でつながりがあった人をあらわします。

恋する気持ちを、少しずつ味わってみてください。

きっと楽しい日々になっていきます。

タイトルとURLをコピーしました