PR

「妊娠がわかる感覚」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「妊娠がわかる感覚」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

妊娠したとき、やがてそれは感覚として実感できるようになります。

時に辛く、時に幸せを感じるその「妊娠がわかる感覚」には、スピリチュアル的にどんな意味があるのでしょう。

ここでは、「妊娠がわかる感覚」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「妊娠がわかる感覚」のスピリチュアルでの象徴や意味

妊娠の自覚は、4週から5週目頃に顕れ、産科受診もその頃からが多くなります。

その後、出産までの間に、様々な形で「妊娠がわかる感覚」は訪れます。

これらの感覚は、子供を生み育てるため、心身にパワーが満たされた状態と、命と運命の1部を子供に分け与えていく魂の動きを象徴しています。

「妊娠がわかる感覚」のスピリチュアルメッセージ

あなたが妊娠を意識させる様々な感覚に対する感情としてメッセージは顕れます。

ここでいう「妊娠がわかる感覚」は、予兆や妊娠が明らかになった段階よりも後、妊娠の途中を想定していますが、本質的にはひと続きのものです。

「妊娠がわかる感覚」のスピリチュアル的な解釈

「妊娠がわかる感覚」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「妊娠がわかる感覚」いい意味での解釈

妊娠が分かり意識する際に、幾分かの不安感、負担感、周囲に対する薄い恐怖、身を抉られる感覚、同時に嬉しさ、力の満ちた感じ、熱がお腹に集まる感覚などを伴うなら良い意味です。

順調に出産に向けてパワーが蓄えられ、子供に生命力として分け与えられている状態です。

不快感や負担感も伴いますが、それは個としての反応であり、エネルギーを大きく割く事になるので当たり前と言えます。

「妊娠がわかる感覚」悪い意味での解釈

妊娠がわかる時、焦燥感、絶望感、苛立ち、脱力感、極端に強い愛情などが伴う場合、悪い意味です。

望んで授かった訳ではない時に起こるかというと、必ずしもそうではありません。

個としてのあなたに事情はありますが、より原初的な「人間」という種としては喜ばしいものと認識されるため、「悪い」のは主に身体的なものです。

特に、子供に供給するだけのパワーが不十分な状態を顕します。

あなたの生存に必要なパワーまで削られる兆候であり、危険信号と言えます。

このような時は、無理する事なく、十分な休養や栄養補給でパワーを蓄える事が重要です。

身体と精神はリンクするため、生活上のストレスも影響します。

ストレスの元になるものからは、遠ざかりましょう。

まとめ

「妊娠がわかる感覚」は、子供にパワーを与える魂の動きを象徴しています。

良い意味としては、適切にパワーが与えられている状態です。

悪い意味としては、主にパワー不足です。

このような時は、休養や栄養補給の他、ストレス源とも距離を取りましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする