「嫌なことが立て続けに起こる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「嫌なことが立て続けに起こる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

何だか近ごろ、嫌なことが連続的に起きていると感じることがないですか。

物が次々に壊れたり、病気や怪我が続いたり、他人とのトラブルばっかりだったり。

そうした嫌なことが立て続けに起きることは、スピリチュアル的に言えばとても重要なお知らせになっているのです。

「嫌なことが立て続けに起こる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

嫌なことばかり起きている時期は、むかしから厄年とか大殺界などと言われてきました。

邪気や災厄は、自分や他人や場所からだけでなく、運命的にも発生するものです。

そして嫌に思う出来事が続けて起きているのは、人生の転機が来ていることを意味しています。

これを乗り越えた先に良い時期がやってくる前触れなことが多いです。

またその嫌な出来事の連続は、与えられた試練の象徴的なものになります。

場合によっては、特定の人や組織から悪影響を受けて嫌なことばかりな場合もあるでしょう。

「嫌なことが立て続けに起こる時」のスピリチュアルメッセージ

ある時点から嫌なことばかり起きるようになったら、「人生の試練と転機がやってきているよ」というメッセージです。

そして「乗り越えれば良い時期が訪れるよ」というポジティブな予言も含まれています。

「嫌なことが立て続けに起こる時」のスピリチュアル的な解釈

人は誰でも嫌なことの連続は避けて通りたいものですが、その種類によって対処方法は異なってきます。

命に関わる場合もあるので、きちんと対策を進める必要がありそうです。

「嫌なことが立て続けに起こる時」いい意味での解釈

もし物が頻繁に壊れて嫌な思いばかりであれば、古い悪運はなくして新しいもので幸福なエネルギーを満たすべきであると解釈ができます。

人との嫌なトラブルが続いてしまう場合は、その人や職場から離れることで悪運から解放されることのサインになっています。

嫌なことが連続する時は、掃除をするのがよいです。

掃除に寄ってその場所から邪気を払い、良いエネルギーで満たせることになります。

「嫌なことが立て続けに起こる時」悪い意味での解釈

命に関わるような重大な事件が自分に連続して起こることは、いずれ人生の破滅にも繋がりかねないことです。

お祓いを受けたり、縁を切ったり環境を変えるなど、あらゆる手段で邪気を払って良いエネルギーで満たす必要があります。

ネガティブ思考で固まっている人は、嫌なことや邪気ばかりを呼び寄せるとも言われています。

できるだけポジティブな考え方に転換していくことが必要です。

まとめ

どうしても嫌なことが立て続けに起こって止まらないなら、人生の試練や転機が訪れているのでした。

しかし新しいものに切り替えたり悪いものから逃れるなどできることが色々あって、いずれは良い時期が来るものと解釈ができます。

嫌なこと続きの人は、ぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました