「子どもを産まない女性」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「子どもを産まない女性」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

色々な理由から、子どものいない人生を選ぶことがあります。

子どもを産まない女性のジンクスを見ていきましょう。

「子どもを産まない女性」のスピリチュアルでの象徴や意味

夫婦の時間を楽しみたい、仕事に専念したいなど色々な訳があって、子どものいないライフスタイルを選ぶことがあります。

ただ周りの人が、そうした選択肢を受け入れないことも。

「早く孫の顔を見せてね」と義理の両親に言われて、困惑することもあります。

スピリチュアルの世界で、子どもを産まない女性は「スペシャルな存在」と考えられています。

自分の気持ちを正しくくみ取れる、とても素晴らしい人です。

結婚すると当たり前のように、その延長線上に子育てがあると思われることもあります。

けれども子育ては多くのエネルギーを消費する行為。

その人の気質やライフスタイルによっては、子どもがいない方が上手くいくこともあります。

子育て以外のことにパワーを使うために、この世に産まれてきたと考えれば肩身の狭い思いをすることもなさそうです。

「子どもを産まない女性」のスピリチュアルメッセージ

子どもを産まない選択肢を選んだのは、魂の声に忠実に生きている証拠です。

もしあなたが子どもを産まないことで幸せを感じているのなら、胸を張ってこのまま生きてみてください。

子どもを産むことが正解、産まないことが不正解という答えはないからです。

世の中には例え子どもに恵まれても、自分の子どもを殺めてしまう人もいます。

また虐待や育児放棄をして、母親らしからぬ行動を取る人もいます。

「子どもを産まない」という生き方に誇りをもって、明るく進んでみてください。

「子どもを産まない女性」のスピリチュアル的な解釈

子どもを産まない女性のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「子どもを産まない女性」いい意味での解釈

子どもを産まない生き方をすると、夫婦二人の時間が増えていきます。

二人の趣味を見つけたり海外旅行を楽しんだり「子どもがいないから見つけられる人生」を探せることもあります。

マイナスの点に目を向けず、ぜひプラスの楽しみを増やしていってください。

「子どもを産まない女性」悪い意味での解釈

子どもを産まない女性は、前世でその分の苦労をしてきたという見方もあります。

子沢山の家庭に生まれて、子育ての苦労をひと一倍知ってきたからこそ、あえてそうした選択肢を選ぶこともあります。

心の中の勲章を大切に、まっすぐ進んでみてください。

まとめ

子どもを産まない女性のスピリチュアルサインを見てきました。

子どものいない人生は、決して不幸な生き方ではありません。

幸せのジンクスを知って、楽しく日々を過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました