「子供が欲しくないと感じる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「子供が欲しくないと感じる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

べつに子供が作れない体じゃないけど、子供は欲しくないと考えている夫婦は少なくありません。

友人や親は子供を作れ、孫を作れとうるさいけれど、夫か妻のどちらか、あるいは双方共に、何故か欲しくないと考えてしまうわけです。

スピリチュアルでは、この思考から一体どんな解釈が導かれるでしょうか。

「子供が欲しくないと感じる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

いま何だか子供が欲しいと思わないならば、それは子育て以外にするべきことがあるのを意味しています。

それは自分勝手というより、運命的に子供は持たないことが決まっていることすらあります。

逆に言えばやるべきことが達成されたら、子供が欲しいと思うかもしれません。

「子供が欲しくないと感じる場合」のスピリチュアルメッセージ

現時点で夫か妻が子供は不要だなと感じているなら、「他のやるべきことを成し遂げて」という天からのメッセージです。

それに加えて「いまは子供がいないほうが幸せ」という助言がもたらされているかもしれません。

「子供が欲しくないと感じる場合」のスピリチュアル的な解釈

どうして子供を持ちたい気持ちが沸かないのかと、悩む必要もありません。

子供が欲しくないことによって、人生にプラスに働くこともあるためです。

この場合、周囲がどんなに子供作れと言っても、決して流されないことが重要になります。

「子供が欲しくないと感じる場合」いい意味での解釈

もし結婚してから年月が経過しても子供が欲しくないなら、もはや子供が不在であることこそ、自分の幸せのかたちと受け入れている状態です。

周囲の友人に子供がいても羨ましくも思わないのも、それが自分の生き方なためです。

会社の経営やキャンプの趣味やペット飼育など、夫婦で子供を持つより重要だと思うことに、没頭することこそがあなたの本来の生き方と言えるでしょう。

「子供が欲しくないと感じる場合」悪い意味での解釈

気をつけたいのは、本心から子供はいらないと思うのに周囲の意見に従って子供を持つことです。

この場合、子育てを始めても、上手く行く保証はまったくありません。

助けがあればなんとかなりますが、精神的な負担になったり苦難の道を進むことが考えられます。

まとめ

周囲の意見とは違って子供が全然欲しくないなら、それは他のやるべきことを成し遂げてというメッセージになっていました。

幸せのかたちとは、別に子供を持つことだけではないはずです。

子供のことは考えず、運命に従って自分や夫婦本来の生き方に没頭してみるのがよさそうですね。

タイトルとURLをコピーしました