「子供に苦労する場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「子供に苦労する場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

自分の子供がほんとに駄目な子で、親がいつも苦労しているという話を聞くことがあります。

乱暴だ、ちゃんと喋れない、勉強ができない、イジメられるなどその悩みは千差万別です。

では親がいつも子供に苦労することは、スピリチュアルの観点ではどういった解釈が出るでしょうか。

「子供に苦労する場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

自分の子の見た目や性格や行動というのは、実は親の鏡写しという意味があります。

親が太っていれば子供も太り、親が乱暴だと子供も乱暴になり、親がしつけにルーズだと子供が無作法になるようなものです。

親の悪い言動だけでなく染み付いている悪いエネルギーも、そのまま子供に反映されてしまうことになります。

そうすると子供が悪ガキやイジメられっ子になり、周囲に断罪されたりして苦労させられることは、実は親が無意識的にそうなる育て方をしてしまっていたことを意味します。

あるいは外側から近寄る悪いエネルギーを、きちんと親が排除しなかったのでそうなったとも言えるでしょう。

「子供に苦労する場合」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが親で子供に苦労しているなら、「あなたと子供が成長するための試練だよ」というメッセージです。

問題に気づいて修正したり、善良なエネルギーを与えたり、外側からの悪いエネルギーを払い除けることが必要になります。

「子供に苦労する場合」のスピリチュアル的な解釈

いま子供に苦労している状態でも、どんな対応をするかによって子供の立場が好転することがあります。

しかし対応をおろそかにすることがあると、ちょっと大変なことになりそうです。

「子供に苦労する場合」いい意味での解釈

学生の時はどうしようも無い子だと諦めていても、その子が良い指導者や友人や本などと巡り合うことにより、良い方向に転換することは珍しくないです。

すると子供の頃の経験を生かして、人の気持がわかる大人になれます。

親のお金の苦労を見て育った子が、ビジネスで成功することがあります。

人間との付き合いを覚えて、社交的になったりもします。

良い人やものと子供を出会わせることを心がけてください。

親の成長のチャンスというのは子供の学生時代までに集中しています。

この時期だけしかない場合もあるし、それは神さまや人に見られているので全力で取り組んでみたほうがよいです。

「子供に苦労する場合」悪い意味での解釈

悪い波動を絶えず周囲から受けながら育った子供は、悪ガキがそのまんま大きくなったような大人に成長することがあります。

大人になっても他人をイジメて面白がったり悪事を繰り返したりと、ネガティブを常時拡散するでしょう。

まだ自分の子供が若いうちには修正が利くので、親が良い波動を与えたり、改善してあげる必要があります。

まとめ

親として自分の子供に苦労するのは、親子ともども成長する試練が来ていることがわかりました。

それは言い換えれば親子にとってのチャンスにもなるわけです。

良質なエネルギーを子供に与えて、良い方向に行く手助けをしてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました