「子宮筋腫」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「子宮筋腫」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

女性特有の病気にかかることもあります。

子宮筋腫にまつわる、幸せのジンクスを見ていきましょう。

「子宮筋腫」のスピリチュアルでの象徴や意味

病院に行って、とある診断を下されることがあります。

悪いことは何もしていないのに、身に覚えのない病名をいわれると、とても大きなショックを受けるものです。

スピリチュアルの世界で子宮筋腫は「あなたの頑張り度」をあらわしています。

ときには娘として、またある日は母として、そして妻や会社の即戦力として頑張ってきたあなた。

周りを支えるために、自分のやりたいことを我慢して日々を送ってきたのではないでしょうか。

病気になるのは嫌なものですが、体からのラブレターだと思えば、その大切さに気付くこともできます。

決して自分を責めずに、ありのままの今を生きていきましょう。

「子宮筋腫」のスピリチュアルメッセージ

婦人科系の診断が出されると、ショックを受けます。

自分を責めたい気持ちにもなりますが、こういう時こそ自分自身を称えてあげましょう。

またこのような症状が出るのは、責任感がつよくて真面目な人に多いものです。

自分を犠牲にすることが当たり前になっていて、つい頑張り過ぎてしまうようです。

体からのラブレターを受け取って、もっと楽な選択をしていきましょう。

疲れた時には「もうできない」と言って、家族や親しい友達に愚痴を聞いてもらったり、手伝ってもらったりすることも大切です。

優等生でいることより、できない自分をそのまま愛することを努めてみましょう。

また息抜きやリフレッシュも「宿題のひとつ」だと思って、予定にはめ込んでみましょう。

閉じていた心が開いていき、あなたらしく咲いていけます。

「子宮筋腫」のスピリチュアル的な解釈

子宮筋腫にまつわる、いい解釈と注意点を見ていきましょう。

「子宮筋腫」いい意味での解釈

婦人科系の病気にかかるのは「運気の分岐点」をあらわします。

一時的には悪いことのように思えますが、その後に必ず良いことが起こっていきます。

運気が上向いていき仕事が順調に進んだり、会いたい友達と会えたり、親子仲良しの時間を過ごせたり、楽しいことが訪れます。

治療をおこないながら、幸せを見つけていきましょう。

「子宮筋腫」悪い意味での解釈

女性特有の病にかかると、気も滅入るものです。

あらゆることを悔やむ気持ちにもなりますが、原因を無理に探そうとするのはご法度。

むしろ今の段階で見つかって良かったこと、さらに重要な病にならずに済んだことを前向きに感じておきましょう。

受けとめ方を整えていけば、もっとあなたの人生は開いていきます。

一緒に希望を見つけていきましょう。

まとめ

子宮筋腫にまつわるジンクスを見てきました。

このような病にかかるのは、一生懸命生きてきた証明です。

体の声に耳を澄まして、ゆっくり静養してみてください。

きっと大きな幸せを得られます。

タイトルとURLをコピーしました