「宇佐神宮」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「宇佐神宮」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

大分で随一のパワースポットが、豊前国一宮である宇佐神宮です。

568年に創建された宇佐神宮は、全国4万社以上ある八幡宮の総本社であり、日本三大八幡宮に数えられています。

古来より崇拝されてきたスピリチュアルな場所であるだけに、その御利益は計り知れないものです。

「宇佐神宮」のスピリチュアルでの象徴や意味

上宮と下宮の主祭神となっているのが一之御殿の八幡大神で、応神天皇を神格化した神さまです。

二之御殿では比売大神(ひめおおかみ)、三之御殿では神功皇后を祀っています。

また下宮一之御殿の大神比義命(おおがのひぎのみこと)は、宇佐神宮を創建した人物です。

比売大神は一説に邪馬台国の女王卑弥呼とも言います。

八幡神は厄除け、商売繁盛などの神さまで、源頼朝は勝ち運を授かったとのことです。

比売大神は学問や財運、神宮皇后は安産と子育てを象徴する神さまとなります。

恋愛成就はもちろん、縁切りにも良いと言われる神さまです。

「宇佐神宮」のスピリチュアルメッセージ

もし宇佐神宮に参拝することになれば、「邪気を祓い勝ち運を授けるよ」「お金に困らなくなるよ」「安産子育てや縁結びが叶うよ」などのメッセージがあります。

参拝して人生を好転させるにはぴったりな神社です。

「宇佐神宮」のスピリチュアル的な解釈

境内には神道や自然にまつわるさまざまな見どころがあるのも、宇佐神宮の魅力です。

それぞれの名所にはご利益がありますので、ぜひ訪れて神聖なエネルギーを貰ってみてください。

「宇佐神宮」いい意味での解釈

境内には原生林が繁茂しており、りっぱな巨樹が目立っていて神気の強いところです。

中でも樹齢800年のご神木のクスノキは、一周して触れることで大地のエネルギーを補充し、健康で長寿になれると信じられています。

境内の若宮神社の夫婦石は、踏むことによって良縁をもたらすとのことで、出会いを求めたり円満を求める女性は見逃せません。

呉橋のそばの弥勒寺跡の裏手には、願掛け地蔵という隠れスポットがあります。

この地蔵は1人でやってきてお参りすると、願いが叶うとのことです。

御許山(おもとさん)の奥遇大元神社は比売大神の降臨地といわれ、磐座が存在しています。

山道を登って参拝すれば、宇佐の神さまの強いご神徳を得られるとのことです。

「宇佐神宮」悪い意味での解釈

境内や御許山は霊力神気が高いところであり、それによって宇佐神宮は怖いとも言われています。

訪れた時には体調が悪くなる可能性もあるとのことで、敏感な方はくれぐれも気をつけてください。

まとめ

古来より崇拝された宇佐神宮は、勝ち運や縁結びなどさまざまなご利益を得られるパワースポットでした。

境内は神気みなぎり、ご神木を始めとして様々なすごい見どころがあります。

お休みの日にはぜひ泊りがけで参拝してみたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました