「宝くじが当たる人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「宝くじが当たる人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

世の中では宝くじを買って、○億円を当てるという一攫千金を夢見る人も珍しくありません。

1等が当たる確率は、1000万分の1など極めて低確率だったりしますが、ぜひとも当選してみたいもの。

では宝くじが当たる人はどんな人なのか気になりますが、調べてみるとこれには極めてスピリチュアルな真相があったようです。

「宝くじが当たる人」のスピリチュアルでの象徴や意味

よく宝くじが当たる人は、極めて金運が高い状態を意味しています。

そして宝くじに当たる人は予め決まっているという都市伝説も存在しますが、それは当たりに至るまでの日頃の行いがしっかりできていることを示しているようです。

例えば購入は吉日を選び、当選者が出た売り場に買いに行ったり、神社に参拝したりという金運を高める努力が実った結果、神さまに選ばれていると言います。

また宝くじが当たる人には法則が存在しており、それに合致することも重要です。

血液型ではA型やO型の人、年齢では50代以上、職業では会社員や無職、星座では牡牛座や双子座、イニシャルでは男性がT. Sさんで女性がM. Mさんが、当たりやすい傾向にあります。

「宝くじが当たる人」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが宝くじが当たる人になりたいと思ったら、「日頃から金運を高める行動をして」「宝くじの法則に従って」というメッセージを受け取っています。

日頃からのスピリチュアル的な努力と、知識を活かすことが鍵を握っているでしょう。

「宝くじが当たる人」のスピリチュアル的な解釈

実際に宝くじ当選に繋がる金運アップの方法は、世の中に色々と存在しています。

それらを組み合わせて宝くじが当たる人に近づいてみてください。

「宝くじが当たる人」いい意味での解釈

当たる人になりたいなら、とにかく購入日は吉日に限ります。

幸福が高まる大安の日や一粒万倍日、天の神さまが全てを許す天赦日、寅の日、巳の日、己巳(つちのとみ)の日はかなりおすすめです。

また日頃から金運が高まる神社に参拝するのが良く、例えば日本三大金運神社である、石川の金剱宮(きんけんぐう)、山梨の新屋山(あらややま)神社、千葉の安房(あわ)神社など各地にあるので訪ねてみてください。

また東京の新宿の宝禄(ほうろく)稲荷に出向いて、ハズレくじを供養すると、次回の当たりに近づけると言われています。

そして宝くじが当たる人になりたいなら、年配で会社員など当たる特徴を備えた人に買ってきてもらうことも、試して良いかもしれません。

「宝くじが当たる人」悪い意味での解釈

もし宝くじが当たる人の特徴に合致していない場合、当選しにくい傾向が出ています。

何度買っても駄目なのは金運が足りないためです。

金運を上昇させたり、くじ運の人に購入をお願いするといった工夫が必要でしょう。

まとめ

世の中で宝くじが当たる人は、金運を高めていて、法則に合致している人でした。

宝くじとは極めてスピリチュアルな運試しだったのです。

これから購入するなら、ぜひこの知識を活かしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました