PR

「宮古島」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「宮古島」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

島の全てがパワースポットだと評判の宮古島は、沖縄の南西290kmの地点にある熱帯雨林気候の島です。

古来より神聖視されてきた見どころが多く、訪れる人を癒やしエネルギーを与えられるとのこと。

ここでは宮古島のスピリチュアルな魅力をご紹介します。

「宮古島」のスピリチュアルでの象徴や意味

古代の伝承「御嶽由来記(うたきゆらいき)」によると、むかし天帝(あめのてだ)が天岩戸柱を弥久美神(やぐみのかみ)に渡し、天の夜虹橋(あめのゆのづはず)から投げさせて誕生したのが宮古島だとのことです。

それ以降に島の守護神となったのが、古意角(こいつの)姑依玉(こいたま)という夫婦神でした。

神さまが守る宮古島は美しい海と自然の景色に彩られているため、訪れると心身が浄化され、波動を高めることができ、心をリセットできると言われています。

また島にはむかしと変わらない神聖な見どころが多数残されており、神のご利益を受けて幸せになれることが期待できるでしょう。

「宮古島」のスピリチュアルメッセージ

もし宮古島に行きたくなったら「島での浄化と癒やしが必要な時ですよ」とか「神さまのご利益を得て幸せになれるよ」というメッセージです。

悪い方に傾いた人生も、宮古島で好転が期待できます。

「宮古島」のスピリチュアル的な解釈

これから宮古島での滞在を実現するなら、幾つものスピリチュアルな名所を尋ねてみるとよいです。

それによって心と魂の浄化と幸福に繋がるご利益を多々受け取ることができるでしょう。

「宮古島」いい意味での解釈

この宮古島でも一番の聖地といえば、漲水御嶽(はりみずうたき)です。

古来より宮古の人々の信仰を集めた霊所であり、島の守護神である古意角と姑依玉を祀っています。

夫婦神であることから、参拝すれば縁結びが叶い、子宝や子育てのご利益も得られると信じられて来ました。

宮古神社は16世紀に創建された神社で、熊野三神と豊見親三神を祀っています。

参拝することで開運に導かれ、金運上昇や商売繁盛のご利益も高いそうです。

友利のあま井はかつて井戸として使われた洞窟の水場で、訪れると心が浄化されると言われています。

大神島は宮古島からフェリーで向かう名所で、別名は神が宿る島。

島内には天の岩戸や高天原といった見どころもあり、訪れると道が開け、勝ち運が付くと言われるので見逃せません。

「宮古島」悪い意味での解釈

むかしから御嶽は立入禁止と言われるほど、恐れ多いところでした。

奥まで入り込んだり、御嶽の植物を切ったりすると罰が当たるというので気をつけてください。

まとめ

常夏を楽しめる宮古島は、浄化と癒やしをもたらし、神さまのご利益を得られるパワースポットでした。

島には漲水御嶽や宮古神社を始めとして、数々の名所があります。

短期でも長期でも滞在して、疲れを癒やして英気を養ってみては如何でしょうか。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする