「寝汗」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「寝汗」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

シーツがぐっしょり滴るほど、汗をかく日があります。

寝汗にまつわるジンクスを見ていきましょう。

「寝汗」のスピリチュアルでの象徴や意味

パジャマがびしょ濡れになるくらい、汗が出ることもあります。

風邪をひいている訳でもないのに寝汗が続くと、どういったシグナルなのか気になります。

スピリチュアルの世界で寝汗は「毒を出す」という清らかな作用があります。

私たちの魂は眠っている間に、エネルギーの調整をおこなっています。

マイナスの気が多いと、それを排出しようとして、夜間に汗をかくことがあります。

起きた時に寝具が濡れているのは嫌なものですが、それだけ毒が抜け出たということ。

爽やかな気分で目覚めていきましょう。

「寝汗」のスピリチュアルメッセージ

寝ている間に大量の汗をかくのは、あなたの魂が元気に働いているからです。

日々の生活によって積もった「不要なエネルギー」を体の外側に洗い流しています。

汗と一緒に大量の毒素も出ていくので、不思議と目覚めたあとは、体がすっきりしているはずです。

楽しい計画を立てて、いい日を始めていきましょう。

また毎晩のように寝汗がつづく時は、あなたに対するメッセージを含んでいます。

忙しい時間のどこかに、あなたらしい休息をはさんでみましょう。

おいしい紅茶を飲む、青空を眺める、好きな音楽を聴く。

日中のどこかにリフレッシュできる時間を挟んでいくと、魂が伸びやかになって、気持ちよく眠れるようになります。

「寝汗」のスピリチュアル的な解釈

寝汗にまつわるいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「寝汗」いい意味での解釈

いっぱい汗をかくと、魂が浄化されていきます。

汚れた車をもこもこの泡と水で洗い流すように、気持ちもすっきり整っていくでしょう。

エネルギーの調整がおこなわれて、メンタルのゆがみも整っていきます。

また対人関係が満ちていくので、気疲れのない人付き合いをしていけます。

明るい作用を受け入れてあげてください。

「寝汗」悪い意味での解釈

寝汗をかいて、嫌な気持ちで目覚める時もあります。

汗のせいでぐっすり眠れない場合は「心のお疲れ」が顕著になっているサイン。

ストレスがたまっていて、浄化しきれていないようです。

明るい日中にスポーツをする、散歩をするなど「体を動かしていく」とこうした不具合が解消されることもあります。

日常の見直しをして、明るく過ごしていきましょう。

まとめ

寝汗をかく時のスピリチュアルサインを見てきました。

眠っている間の汗は、毒の排出をあらわしています。

エネルギーの調整をおこなって、すがすがしい朝を迎えてください。

タイトルとURLをコピーしました