「小さな蜘蛛」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「小さな蜘蛛」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

身近でよく見かける蜘蛛は、人によっては毛嫌いする人もいる昆虫です。

しかし害虫を何でも捕食するので、むかしから縁起がよい虫に含まれています。

ときには小さな蜘蛛が家の中にいることもあるものですが、小さな子供の蜘蛛とはスピリチュアル的に見ても前向きに捉えて良い存在でした。

「小さな蜘蛛」のスピリチュアルでの象徴や意味

すべての蜘蛛は日本では神さまのお使いと言われましたが、それは蜘蛛が空中に浮かんでいたり、人にとっての害虫を食べたり、さまざまな示唆を与えてくれるためでした。

蜘蛛の巣を張って忍耐強く獲物を待ち構えるので、忍耐と努力が実を結ぶことの象徴です。

さらに魔除け、金運、子宝をもたらすと言われています。

小さい蜘蛛はやがて大きくなりますが、それは今の小さな努力がやがて育って大きなお金に繋がる意味がありました。

また小さな蜘蛛とは子宝を象徴しているものです。

子供を望む人が蜘蛛の子を見れば子供を授かると信じられてきました。

「小さな蜘蛛」のスピリチュアルメッセージ

あなたが何処かで小さい蜘蛛に出会うことは、「ひたすら努力すればお金になるよ」【子宝に恵まれるよ」というメッセージです。

きっと人生のステージを高められるでしょう。

「小さな蜘蛛」のスピリチュアル的な解釈

ある日小さな蜘蛛を見かけた場合にはポジティブに考えて、良い行いをすることが重要になります。

しかし小さな蜘蛛にも多少なりとも、ネガティブな解釈は存在しているようです。

「小さな蜘蛛」いい意味での解釈

部屋の中やトイレに小さな蜘蛛がいることは、将来にお金や幸せが舞い込んでくる前触れかもしれません。

体に小さな蜘蛛が付くことは、その瞬間が迫っていることを告げる現象になります。

ベランダに小さな蜘蛛が飛んできていればチャンス到来を表し、チャレンジをすればお金が舞い込むかもしれません。

いずれにしても踏みつけないように隅っこに移動させたり、外に逃がしてあげるのが良いです。

蜘蛛の幸福の大きさは体に比例すると言いますが、小さな蜘蛛を複数見ることになれば波動は高まり、その幸福は増えるのを意味しています。

「小さな蜘蛛」悪い意味での解釈

朝や昼に小さい蜘蛛を見ることは吉兆ですが、夕方に見かけると小さな迷いが生じる暗示になります。

そして夜に見る小さな蜘蛛は危険の知らせとなり、そのサイズが大きくなるほど危険は大きなものになると言われています。

小さな危険だとしても、警戒して過ごすべきでしょう。

また蜘蛛が嫌いだからといって殺してしまうのは波動を低下させ、望む幸福を消すことに繋がります。

だから殺すことはやめて、ひたすら外に逃がすのが吉です。

まとめ

時々目にする小さな蜘蛛とは、努力すればお金になることや、子宝を得られるというメッセージになっていました。

良いことが起きる前触れとなれば、毛嫌いする必要もなくなります。

今後は小さな蜘蛛は歓迎してあげて、努力を続けて幸福を引き寄せてみてください。

タイトルとURLをコピーしました