「小指が痒い場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「小指が痒い場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

指輪でかぶれたり、ゴム手袋などで指の谷間がかぶれたり、なんか無性に痒くなることがありませんか?

でもその痒みがもしあなたに対しての何らかのメッセージだったらどうします?別にかぶれてもいないのに、かきむしりたくなる衝動。

その衝動ってイライラと癇に障りますよね。

そのどこへもぶつけようのない苛立ちこそがあなたへのメッセージになっているのです。

では実際小指が痒くなった時はどんなメッセージを送っているのか、検証していきましょう。

「小指が痒い場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

痒みのスピリチュアル自体は幸運をもたらすメッセージだと言われています。

あなたの運が上向きにある時、色んな部分に痒みが発生するようです。

でも幸運なのに、なぜいら立つような痒みなのか?それは、今チャンスを掴む時なのに、それを逃してしまわないようにという願いが込められているようです。

普段人とあまり関わることが無かったり、何かを耐えてしまったりする方に、今がチャンスだということを教えているのです。

もし痒みが出たら、その時は考えるのではなく、行動に移してください。

そうすることで、物事が必ず自分の思う方向へと進むはずです。

「小指が痒い場合」のスピリチュアルメッセージ

小指が痒い時のメッセージは直観力が冴えている時だと言われます。

自分がこうしたい、ああしたいと思うことがあるのなら、それを是非行動に移してみてください。

そうすることで、あなたの思う方向へ舵がとれるはずです。

「小指が痒い場合」のスピリチュアル的な解釈

左右では若干意味が変わります。

右の小指が痒くなった場合は「魅力」を象徴します。

自分の魅力を引き出すための服装や化粧だったり、内側にある魅力を引き出すための習い事だったり、ふと沸いたインスピレーションに従い、自分が今まで試そうと思った事をしてみてください。

また左の小指が痒くなった場合は「チャンス」を象徴します。

ずっと思い続けている人への告白だったり、自分がやりたかったことへのコンテストだったり試してみてください。

必ず自分へプラスになる結果が返ってくるでしょう。

「小指が痒い場合」いい意味での解釈

右手・左手にかかわらず、今まで自分が頭の中で思い描いていたものを行動に移してください。

そうすることで夢へと近づくはずです。

「小指が痒い場合」悪い意味での解釈

あまりに酷い痒みならば、必ず医療機関を受診してください。

痒みは神経に障るので、薬を処方してもらうことをお勧めします。

まとめ

普段引っ込み思案な人ほど痒みを感じるかもしれません。

もし痒みを感じたら、自分の中に押し込まずに気持ちを解放してください。

そうすることで、徐々に痒みもなくなり晴れやかな気持ちになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました