PR

「少子化」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「少子化」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

先進国では、「少子化」が叫ばれて久しく、日本でも社会問題として受け止められています。

ですが、スピリチュアルの観点からは、必ずしも悪い事ばかりではありません。

ここでは、「少子化」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「少子化」のスピリチュアルでの象徴や意味

日本の合計特殊出生率、つまり女性1人の平均出産人数は、令和4年で1. 26人で、「少子化」である事は間違いありません。

若い世代の子供を育てる筈の力で、働けない老人世代を養うのですから、子供を生めず「少子化」は更に加速する、というのが一般的な解釈です。

一方、日本の人口は、明治維新の頃は3000万人程度、第二次大戦終戦時でも7000万人程度でした。

人間は大地からパワーを受け取りますが、人間が増えパワーが偏りすぎれば、足りなくなります。

そんな状況で、同じように子供が生まれないのは当たり前です。

「少子化」のスピリチュアルメッセージ

子供を作らない、欲しくないという気分としてメッセージは顕れます。

その前段階としての、結婚への興味が湧かないという形を取る場合もあります。

「少子化」のスピリチュアル的な解釈

「少子化」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「少子化」いい意味での解釈

結婚や子供を作る事への興味がないけれど、仕事や趣味など、打ち込めるものがあるなら良い意味です。

一方、迷いながらも結局子供を作った場合も、良い意味です。

運命は、生む人と生まない人を割り振って、それぞれに役割を与えています。

生む人は子供を強く、優しく育て、生まない人は子供が健やかに育つ社会や技術、文化を築く事に専念する事で、大地のパワーとバランスの取れた人口に落ち着いていくでしょう。

「少子化」悪い意味での解釈

親の介護や経済的な問題など、子供を持つ事へのネガティブな状況があり、子供を持ちたくて仕方がないのに持てない場合は悪い意味です。

子供は生まれる運命にありますが、あなたの運命がパワーを吸い取るものによって滞っています。

このような時は、パワーを吸い取り、運命を歪めるものから距離を取りましょう。

子供を愛している親なら、我が子の人生を破綻させたいとは思いません。

行政サービスも利用しましょう。

役所も困っている人には親切です。

まとめ

「少子化」は、いくつもの要因がありますが、大地のパワーが人口を支えられなくなった事の顕れでもあります。

バランスを取るための必要な動きですが、子供を持ちたいと強く思うのに持てない状況があるなら、悪い意味です。

このような時は、パワーを吸い取り、運命を歪めるものから距離を取りましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする