PR

「左手の骨折」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「左手の骨折」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

手の骨折は、生活を大きく不便にします。

ごく有り触れた動作の多くは、両手があって成立しているものです。

そんな手の骨折は、スピリチュアル的な意味を伴う場合もあります。

ここでは、「左手の骨折」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「左手の骨折」のスピリチュアルでの象徴や意味

左は、陰陽五行説における、陽に相当し、物事の表現や何かを発するといった意味になります。

左手は動作や仕事に使い、他人や社会に向けた行動を象徴します。

これが骨折で不調になった状態ですから、他人に対する働きかけの中に、何らかの問題が生じているという意味になります。

それは実際に出来ていないという場合もあれば、やらなければ、という気分が暴走気味になっている場合もあるのです。

「左手の骨折」のスピリチュアルメッセージ

「左手の骨折」を認識した時の程度、折れ方、感情などにメッセージは顕れます。

左が利き手の場合は「利き手の骨折」という別の意味も重なります。

メッセージは、認識した時に完結しているため、スピリチュアル面の解消で症状が治まる訳ではありません。

きちんと治療を受けましょう。

「左手の骨折」のスピリチュアル的な解釈

「左手の骨折」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「左手の骨折」いい意味での解釈

「左手の骨折」の時、綺麗に折れており、痛みも生活に支障が出る程ではなく、これを機会にのんびり出来ていると感じているなら良い意味です。

あなたは社会に大きな影響を与える仕事の中でよく働き、役割の区切りが1つ付いたという顕れです。

あなたは充分責務を果たし、その重責から解放されたため、今後の運命は自分の為に行動すべきという意味になります。

「左手の骨折」悪い意味での解釈

「左手の骨折」の時、痛みが激しく、我慢して仕事を続けるけれど、集中出来ず失敗が繰り返され、苛立ち、絶望感、人に迷惑かけているという罪悪感に日々苛まれるなら悪い意味です。

誰かの為になりたいという気持ちと行動が、あなたのエネルギーを枯渇させ、パワー不足の状態になっています。

誰かの為にならなければいけないという、強迫観念に囚われています。

このような時は、ゆっくり休み、パワーを取り戻しましょう。

それが許されないと言う人がいるなら、距離を取りましょう。

それは、あなたのエネルギーを吸い取る存在でしかありません。

まとめ

「左手の骨折」は、他人に向けた働きかけの中に、不調が生じているという意味になります。

良い意味としては、社会に対する役割が一段落つき、今後は自分のために行動すべき状態です。

悪い意味としては、誰かの為にならなければという強迫観念で、エネルギー不足になった状態です。

このような時は、ゆっくり休み、パワーを取り戻しましょう。

休みを邪魔する相手は、エネルギーを吸い取る存在ですから、距離を取りましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする