PR

「巻き爪」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「巻き爪」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

足の親指の「巻き爪」は、歩くにも辛く、見た目にも痛々しいものです。

この「巻き爪」は、スピリチュアル的な意味を伴っている場合があります。

ここでは、「巻き爪」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「巻き爪」のスピリチュアルでの象徴や意味

医療的にいうと、「巻き爪」は起こるべくして起こるものです。

足の親指の爪は、「巻き爪」方向に丸まるようになっています。

これに、歩行時の押し広げられる力がかかり、平たい形に保たれているのです。

これが、歩行の機会が極端に少ない生活、巻く方向に力のかかる爪先の細い靴、爪の切り方などで、バランスが崩れ「巻き爪」となるのです。

スピリチュアル的には、行動に対するストレス、行動しない事による停滞した運気などを意味します。

「巻き爪」のスピリチュアルメッセージ

「巻き爪」の具合や、それに伴うあなたの感情にメッセージは顕れます。

尚、メッセージは「巻き爪」を認識した時点で完結しており、スピリチュアル面を改善したからといって、症状が改善する訳ではありません。

生活に支障が出るような「巻き爪」は、皮膚科受診しましょう。

「巻き爪」のスピリチュアル的な解釈

「巻き爪」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「巻き爪」いい意味での解釈

「巻き爪」に気づき、初期状態で痛みも少ない、すぐ対処した、治す事でまた歩きやすくなった、爪の切り方や履物を改めた、治療中のんびり出来た、といった場合は良い意味です。

日々の生活に追われ、行動範囲が狭まり、運気が停滞していましたが、「巻き爪」に気づき、対処した事で運気が再び流れ始めました。

何となく忙しくて行けなかった場所、やりたかった事などを始めるのに良いタイミングです。

「巻き爪」悪い意味での解釈

「巻き爪」に気づき、強い痛みがある、治療を受けてもよくならない、うんざりした気持ち、苛立ち、歩きたくない、もうどうでも良い、といった場合はあまり良い意味ではありません。

日常的に大きなストレスがあり、行動したくないという気持ちが顕れた状態です。

このような時は、爪の治療を受けた後、ゆっくり休みましょう。

ある程度元気になったら、ストレス源である仕事や人間関係などについて、出来るだけ細分化して考え、自分の側の問題は対処しましょう。

それでも消えない場合、すっぱり離れてしまう事も有効です。

まとめ

「巻き爪」は、行動によるストレスや、行動しない事による運気の停滞を意味します。

良い意味としては、「巻き爪」に対処した事で、運気が流れ始めた状態です。

悪い意味としては、大きなストレスで、行動したくないという気持ちが顕れた状態です。

このような時は、まず休み、その後、ストレス源と向き合いましょう。

出来るだけ細分化して考える事が有効です。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする