「幻日」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「幻日」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

時に自然は摩訶不思議な光景を見せてくれますが、幻日はとても神々しい現象の1つです。

日本では見たことがある人はあまりいないかもしれませんが、稀に国内でも発生していることがあります。

もし幻日をその目にしたなら、スピリチュアル的な解釈としてはどういった意味が導かれるのでしょうか。

「幻日」のスピリチュアルでの象徴や意味

簡単に幻日を説明すると、太陽の並びに光が現れる光学現象であり、これは大気の光の屈折で起きるものです。

南極や北極で多い現象ですが、2022年には日本の北海道や北陸のほうでも観測されました。

気象学では幻日が起きると、天候が崩れるサインだと言われています。

一方でスピリチュアルな視点では、幻日は良いことが起きる兆しの意味を持っているものです。

滅多に現れないものであり、それだけに見ると幸福になれるパワーが凄いとか、願いが叶う象徴であると言われています。

「幻日」のスピリチュアルメッセージ

どこかで幻日を見ることがあったら、それは「良いことが起きるよ」とか「あなたの思い通りになるよ」のメッセージとされています。

天の存在に出会ったかのような感動を得られることでしょう。

「幻日」のスピリチュアル的な解釈

もし何かの願いごとがあれば、幻日の前で口にしてみるのが良いかも知れません。

目撃する幻日の状態が素晴らしいものであるほど、あなたに訪れる幸福なエネルギーは高まることになります。

「幻日」いい意味での解釈

見る幻日の光がはっきりしていたり光が眩しいほどに、ラッキーに導かれるエネルギーが強いと考えられます。

そして逆さ虹(環天頂アーク)と一緒に幻日が出現したなら、ますます良い知らせです。

なぜなら逆さ虹とは、幸運なことが置きたり幸せになれる前兆現象とされているため。

幻日を見たら写真収めて飾っておくことで、よいエネルギーをずっと身近に置いてみてください。

「幻日」悪い意味での解釈

とくにスピリチュアルな解釈で、幻日に悪い意味はありません。

しかし幻日が起きると間もなく天候が崩れると言われているので、急な雨や雪によって予定が変わることがあるかもしれません。

天気予報を確認したり装備を揃えたりして、対策を取っておくことが大切です。

まとめ

滅多なことではお目にかかれない幻日は、良いことが置きたり願いが叶えられるメッセージでした。

幻日がはっきりしていたり、逆さ虹と組み合わさっていればますますありがたいもの。

生きている間に、ぜひ1度は見てみたいものです。

タイトルとURLをコピーしました